【愕然】前から狙っていた義母の前で妻の身体を激しく貪ってみた結果・・・・・・・・・・・・・





【体験談】寝取られ願望を持ちつつ義母を前から狙っていた投稿者。ある日、妻と義母と三人で旅行へ行くことに。チャンスとばかりに投稿者男性が行動にうつす・・・

妻(N美39才)と妻の母(H美)と私で温泉旅行に行ったときの話です。

私は以前から寝取られ願望があって、N美が他人にエッチされているところを見たいと思っていたのですが、N美に思い切って告白しても相手にされず変態扱いされていました(まぁ実際変態なんですが…)。

最後には、「おかあさん(H美)に言うから…」とまで言われて、実は密かにH美ママのことを狙っていた私としては、ひきさがらざるを得ませんでした。

ちなみにH美ママは、もうそこそこの年ですが、年齢の割には若く、変態な私は、いつかは俺のものに…なんて考えていました。

そんなこんなで、悶々とした日々を過ごしていた去年の夏、妻がH美ママと旅行に行くことになり、なぜか私もお供することとなりました。

結局運転手として指名されただけなのですが、「H美ママと、もしかするとハプニング…」なんていうスケベ心が働いて承諾したんです。

二人は温泉宿のパンフを見ながら楽しそうに計画を立てていましたが、私はその横で、同時に私に弄ばれながら、激しいレズプレイに興じる二人の姿を想像していました。

旅行当日、私は実現不能な妄想を諦めつつ、宿へと車を走らせていましたが、バックシートで指を絡ませ、寄り添って寝ている二人をミラー越しに見たとき、もしかして…という期待が再び襲ってきました。

何故、寝取られ願望がこんな形の妄想に姿を変えたのか自分でも不明です。
ただ、日頃から洋服をシェアするほど仲のいい母娘の仕草や言動のどこかに何か淫靡なものを感じていたのかもしれません。

夜遅く宿についた私は、布団すきの仲居さんと、挨拶に来た女将が立ち去るのももどかしく、いきなりラフなツーピース姿の妻にむしゃぶりつき、激しいディープキスをしました。

H美ママの目の前で…短めのスカートの奥のお尻をまさぐりながら…
もう血液が沸騰して、自分が何をしているのか判断できませんでした。

ただ、びっくりしたH美ママの瞳と、愛撫されハァハァと呼吸しながら、何故?というように見つめてくるN美の、光の消えたような瞳が記憶に残っています。

ひっこみのつかなくなった私は、そのままH美ママに見せつけるように、エッチを続け、着エロ状態でもだえるN美が半イキになったタイミングで、H美ママの手首を掴んで引き寄せ、強引に3Pの輪に引きずりこみました。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする