【手コキ】童貞ワイ、女友達に乳首舐められてパンツの上から扱かれた瞬間に暴発…(体験談)





tekoki

これは僕(弘)が20歳のときの話です。

大学のサークルで仲良くなったグループで男3人、女3人でリゾートホテルに泊まったときの話です。

リゾートホテルで楽しい一時を済ませ、お風呂の後、浴衣姿で夕食を食べた後にホテル内のバーに行こうという話になりました。

ところが女の子の一人の紗代ちゃんが見たいテレビがあるから部屋に戻ると言い、部屋に戻ってしまいました。

僕もそんなにお酒が好きなわけではないし、十分楽しんだことと、遊び疲れたこともあり、同じく部屋で休むことにして仲間から離れました。

結局僕と紗代ちゃんを除いた4人で飲みに行きました。

僕は部屋に戻ったはいいけど、あまりの静けさに寂しくなり、かといってお酒を飲みに行く気分でもないので紗代ちゃんの部屋にでも遊びに行こうと思い、紗代ちゃんの部屋に向かいました。

部屋をノックするとすぐに紗代ちゃんがドアを開けてくれました。

「あら?どうしたの?」
「なんか一人で居てもつまんないし、紗代ちゃんと一緒にテレビでも見ようかと・・」
「あ~~、ちょうど良かった。私も一人でテレビ見てたらむなしくなってきたのね。」
と言ってすんなり部屋に入れてくれました。

紗代ちゃんはとても明るく、元気でいつも笑顔のかわいい女の子でした。
話していてもとても楽しく、慣れた頃からは下ネタも全然OKという感じで、ばんばん下ネタで盛り上がったりしていました。

部屋に入ると和室で既に布団が敷いてあり、布団の上に座ってテレビを見ていた痕跡がありました。
僕も紗代ちゃんも風呂上りで浴衣姿でした。

紗代ちゃんが座っていたであろう場所からバッグを拾って少し奥に移動して座ったので、僕は紗代ちゃんが座っていたであろう場所に腰をかけました。

そこからはテレビの内容の話や大学の話で盛り上がり、来て良かった・・と思わせる楽しい一時を過ごしました。

見ていた番組が終わり、CMが続くと紗代ちゃんがキョロキョロしたかと思うと
「そっちか」
と言って四つん這いで僕の方へ歩いてきたのです。

紗代ちゃんが探していた物はテレビのリモコンでした。
リモコンは僕のすぐ横に落ちていたので、言ってくれれば取るのに・・と思いながら紗代ちゃんの行動を何気なく見ていると

え?・・・・
ちょうど僕の目の前で止まって、あと一歩進むのが惜しかったのか、左手を伸ばしてリモコンを取ろうとしていたのです。

そのとき、浴衣の前が肌蹴て紗代ちゃんの生乳と乳首がモロに見えたのです。
あまりの突然の出来事に見てはいけないと思いましたが、紗代ちゃんの乳首から目を離すことができませんでした。

あと一歩のところでリモコンに手が届かず、5秒くらい紗代ちゃんの乳首を見続けていました。

紗代ちゃんはふと僕の目線に気付いたのか、僕の方を見て
「えっ?えっ?やだっ」
と言って自分の胸が見えている事に気付いたのです。

それでもリモコンが取りたかったのか、優先順位を間違えたのか、最後の一伸びをしてリモコンを掴むと胸元を押さえながら元の体勢に戻りました。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする