【乱交】小〇校の卒業間近に男女8人で大乱交(体験談)※前編





kurorekishi

当時小6の卒業間際、同じクラスの男女4―4で乱交じみた事した。
軽い罪悪感とあのドキドキは16年経った今でも忘れられない…。

小6の2月の終わり頃、卒業前にお楽しみ会をクラスでやろうということになり、グループを作ってその班ごとに出し物をするってんで男4女4で組んで、何をやるか決めようということになって、学校から一番近いメンバー(♂)の家で話し合いをすることになった。

そいつの家は共稼ぎで、親は夜中にならないと帰らないし、兄貴がいたが既に上京、要は誰も家にいないので、学校帰りにみんなでお菓子を買ってそいつの家に集合した。

催し物っても小学生だし、やれるものなんて範囲があるわけで、あっさり決まってその後はみんなで適当にだべってた。

そのうち男友達の一人が、もう使われていない兄貴の部屋に入っていって、しばらくしてエロ本を持って戻って来た。

男はみんな調子に乗ってワイワイ騒いで、女の子も「やだー」とか言いながらも一緒になってエロ本を見てた。
みんな興味はあったし結構盛り上がってた。

そのうちオレは飽きて、一人1Fの居間に移動し(友達の部屋は2F)、ドラマの再放送を観てた。
暫くすると、女の子(Eちゃん)がトイレに行くために下りて来た。

「S(オレのこと)、一人で何やってんの?」
トイレから戻る際に居間のオレを見つけてEは声をかけてきた。
「テレビ観てんだよ」

オレはテレビの邪魔とかされるのが嫌なので、さっさと部屋に戻れと言わんばかりだったが、Eはオレの隣に座って一緒にテレビを見始めた。

Eは、小6にしてはかなり大人びた体型で、眼鏡をかけた、いかにも優等生を絵に描いたようなタイプの子だった。

男と話すのは見知りするタイプだったようだが、オレは席が隣ということもあり、結構くだらん事も言い合える仲だったように思う。

ドラマがCMになったか、終わったのか覚えてないが、なんか間が空いた事は覚えてる。
ずっと黙ってたEが話しかけてきた。

「ね、Sって好きな人いる?」
オレはEが好きだった。
中でも特にこうやってニコッと笑い、いたずらっぽく聞いてくる感じが大好きだった。

「Eが教えたら教えるよ」
こんな会話をしていたが、結局ここでは好きな人はわからずじまいだった。

「あ、そうそう」
Eが思い出したように切り出した。
「Sさ、さっきエッチな本見てすぐいなくなったでしょ。何かヤラシイことしてたんじゃないの?」
「本とかだとあんまりそそられないね。実物なら拝みまくるけど」

当時のオレは性に対して興味が薄かったが、会話を終わらせないように、スケベ、的な答えが来るような事を言った。

Eは俯き加減で黙っていた。
ヤバイ、変な地雷でも踏んだかとあれこれ考えてるうちに、Eがポツリと言った。

「あの本、凄かったよね」
「え?なにが?」
「だって…、男の人のくわえたりするんだよ。」
どうやらフェラにかなり強烈なインパクトを持ったらしかった。

「オレはよくわからないけど、好きな人のならできるんじゃないの?」
「そういうもんかな?」
ここでオレは思い切って言った。

「オレ、Eのだったら舐めれるもん」
ふざけ半分に言ったつもりが、またEが黙ってしまった。
相変わらず2Fからは民なの賑やかな声が聞こえる。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする