【近親相姦】好きだった従妹と最初で最後の中出しセックス…(体験談)





sex

俺は男兄弟で育ったせいか、小さい頃から従姉妹の智ちゃんがくるのが楽しみだった。
智ちゃんが俺の家に遊びに来るのは盆と正月。
自転車で二人乗りしたり、海に遊びに行ったり、田舎の楽しいところを案内して一生懸命喜ばせようとしていた。

智ちゃんは少し体が弱く、喧嘩ばかりしていた兄と違って、気を使うことができるのがとても嬉しかったのを覚えている。

俺が中3の時、中1だった智ちゃんが
「あきちゃん(俺)あたしのお兄ちゃんになってほしいわあ」
「あたし・・あきちゃんみたいな人と結婚したい」
と言う言葉を聞いて当時惚れていた女の子のことが頭から消えていったこともあった。

智ちゃんの風呂場でのシルエットに興奮を覚えたり、後ろから抱きついてくる智ちゃんのふくらみかけた胸にドキドキしていた。
そう、僕は智ちゃんが大好きだった・・・。

その後、俺は硬派のスポーツ部に入ったためか女というものにさほど興味がなくなり、ひたすら体を鍛えることに熱中していたため智ちゃんと話す機会も減っていってしまった。
あの頃の気持ちはいつしか忘れてしまっていた。

大学に入り、俺は田舎から都会に出ていった。
スポーツに興味を覚えなくなり、それなりの平凡な日々を過ごしていた。

ある日俺は当時惰性で付き合ってた彼女と映画を見ていた。
あまり有名では無かったが、サスペンスものだったと思う。

映画を見終わって帰る途中、俺は一人の女の子に釘付けになった。
「智ちゃん・・・・?」

彼女は男連れでこの映画を見に来ていた。
数年間会っていなかった彼女は美しかった。
化粧を覚え、大学生となって一人暮らしを始めた大人の女性になっていた。

「あきちゃん・・・・」
彼女も僕に気付いた。
俺は胸の高まりを抑えられなかった。

「ひさしぶり・・・。」
「ほんまやなあ。3年ぶりかなあ・・・・・」
とりとめの無いことを話した後、連絡先を交換し、その日は別れた。

何かドキドキしていた。
幼い頃の恋心が甦ってきていた。
従姉妹にこんな事を思うなんて・・と思ったが、どうしようもなかった。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする