【寝取り】深夜、突然チャイムが鳴る→出てみると隣人女性だったのだが・・・・・・・・・・・





【体験談】やけに馬が合う彼女の悩みを聞いてるうちに・・・

rinjin-400x235

数年前の夏、当時俺は会社で借上げて貰った1K・ロフトつきのアパートの1階に住んでいた。

そのアパートには俺以外に社員はいなくて、他の部屋は普通に借りて入居している人ばかり。

そこに住み始めてからしばらくは、朝早く出勤し帰りも遅い上に休日が不規則だったので、俺は隣の住人がどんな人かも知らなかった。

ただ、時々隣からかすかに聞こえる声から若い女だということはなんとなく想像していた。

時折、男の声も聞こえたので、彼氏持ちなんだなーということもわかっていた。

ある土曜の夜、翌日も出勤する予定だった俺は少し早めにロフトに上がって寝る態勢に入った。

土曜の夜なので、他の部屋の住人は夜更かしをしているようで、2階の部足音や隣のテレビの音が聞こえていた。

その程度の物音はまったく気にならないので、疲れていたせいもあって俺はすぐに眠りに落ちかけた。

突然、2階から男の叫ぶ声が聞こえた。どうやら酒を飲んで喧嘩をしているらしい。

うるさい、と思いつつも、文句を言いに行ったりする気にはなれなかったがさすがに目がさめてしまったので、ロフトから降りてタバコに火をつけた。

のどが渇いたので冷蔵庫からジュースを取り出し、ボトルのキャップを開けた。

その時、玄関のチャイムがなった。時計の針は既に1時を回っている。

「なんなんだ、こんな時間に・・・」

少し腹立たしさを覚えながらも、あまり深く考えずにインターホンの受話器をとる。

「はい?」

意図せず不機嫌な声で答えると、泣きそうなか細い女の声が言った。

「あの・・・ごめんなさい、こんな時間に。隣のものなんですけど」

「はあ・・・」われながら間抜けな返事だが、思わずそう答える。

「今2階から声が聞こえて、あの、私の部屋の上だと思うんですけどなんだか怖くて・・・。どうしたらいいでしょう?」

どうしたら、といわれても困るのだが、寝ぼけた頭の隅で(もしかしておいしいシチュエーションなのか?)などとバカな事も考えていた。

「ちょっとまって下さい。今開けますから」

とりあえずそう答えてから玄関に行き、ドアのレンズから外をのぞいてみる。

女が一人。

廊下が暗い上にレンズで歪んで見えるので容姿はよくわからない。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする