年増女性の愛人をして生きた淫具のように扱われていた男子大学生の頃の思い出





私は大学の4年間、親元を離れての生活費を賄うために、ある女性の愛人をしていました。 私より27歳年上のその女性は、私の若い下半身を徹底的に楽しみました。 生きた淫具としてだけでなく、私のお尻の穴を悪戯して辱めたりもしまし […]
↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする