【近親相姦一家】父親の巨根が気になって仕方がない妹が暴走した結果・・・・・・・・・・





【体験談】父親の巨根を狙う妹がついに・・・

投稿者男性の家族は父親が絶対的王者。(チンコのサイズで)。そして性に奔放な両親に育てられた投稿者と妹も兄妹で関係を持ってしまうキチ一家だった。そんな妹は父親の巨根が気になって仕方がないようなのだが・・・。
【ヤバい家族】父が妹に「チンコが大きい男と結婚しなさい」と教育した結果・・・・・・・・・・・・・」の続き。

kyokon-2-400x240

巨根で母と妹を魅了する父。
母が父に魅了されてセックスを楽しむのはわかるけれど、なぜ妹まで父のデカチンポに反応しているのかよくわからない。

家族でお風呂に入った後は必ず両親はセックスをする。
例え、僕や妹(美羽)が成人した後でもだ。
両親の寝室からは母の喘ぎ声とパンパン肉と肉が当たっている音が聞こえてくる。

前回、母と美羽が父のチンポが原因でぶつかり合った。
結局、美羽はなぜか悔しそうにお風呂から出て部屋に入っていった。
僕は美羽の様子が気になったので、美羽を追いかけて部屋に行ったんだ。

僕「どうしたんだよ?」
美羽「お母さんばかりずるい!」
僕「おいおい、近親相姦はありえないだろ」
美羽「お兄ちゃんがそれを言うわけ???」

僕は一瞬で何も言えなくなってしまった。
僕と美羽は、お互いの童貞と処女を与え合った仲だった。

僕「わかった、お兄ちゃんが後でいいモノプレゼントするわ」

僕は数日後に父のチンポサイズに近いバイブをプレゼントした。

僕「これだけ大きければ満足するでしょ!なーに、お礼はいいって」
美羽「ばっかじゃないの」

美羽は僕に文句を言ったが嬉しそうにバイブを受け取った。

その日の夜、美羽の喘ぎ声が美羽の部屋から聞こえてきた。

僕が階段を下りて居間に行くと両親がお酒を飲んでいたので、美羽の喘ぎ声が両親に聞かれないように早く寝るように促してみた。

母「お兄ちゃんも一緒に飲む?」
父「たまには酒もいいだろ?」
父が廊下にビールを取りに行って二本持ってきてくれた。

父「お!美羽頑張ってるな」
僕は一瞬でビールを吐き出しそうになった。
僕「お、おやじぃ・・・」
母「私の娘ですから♪」

母も美羽がオナニーをしていることを知っていたみたいだ。
絶対にこの家族って変だと思う!

バイブをプレゼントして1週間経った頃に美羽が部屋に入ってきた。

美羽「お兄ちゃん、やっぱり本物がいい!」
僕「そ、そんなこと言われても」
美羽「だってバイブって同じ動きしかしないもん」
僕「誰かいないのか?相手しようか?」

美羽は大笑いして僕の下半身を差してから両手でXの字を書いた。
どうやら僕の家ではチンポが小さいだけでバカにされてしまうらしい。

 

そして、二日後に家族でお風呂に入ったときのこと。
美羽は相変わらず父のチンポを見て笑顔になっていた。
なぜか、父もチンポを見られてかなり喜んでいた。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする