【愕然】近所の変態おやじに俺の母親を襲うように煽ってみた結果→悲惨な事に・・・・・・・・・





【体験談】オヤジの変態っぷりを侮っていた・・・

投稿者男性が中学の時に近所に住むヤバそうなオヤジが投稿者の母親を見る目がエロかったので、ことあるごとに母親を襲ったらどうかと煽っていた。そしてついにある日、親父から「母親をやる」という言葉を聞き・・・。

rape2-400x235

俺が厨三の頃、同じ地区に住む少しやばそうなおやじが俺の母親に目をつけていた。

そいつの素性は未だにはっきりとは知らないのだが、当時は確かちょっとボロい一軒家に一人暮らしをしていて、画家だとか小説家だとかという噂だった。

別に俺も仲がいいというわけではなく、ガキのころから何となく知っていて挨拶くらいをする程度だったのだが、たまに母親と会う時の目つきが変だったので気になっていた。

まあ当時の俺は何を見てもエロに結びつけていたが、おやじの目はまぎれもないエロ目だったと思う。

そんなことが2,3回あったので、ある時俺はおやじに
「俺の母さんと、やりたいと思ってない?」
とダイレクトに聞いてみた。

そしたらおやじは「そんなことはねえよ!」と否定したのだが、怒ったり、強い口調ではなかったので、からかい半分に
「やりたいなら、やっちゃえよ。最近 やってないみたいだし、欲求不満みたいだよ」
とか言いながらあおった。

その時のおやじは「やりてえわけじゃねえ」と否定し続けたが、「年はいくつだ?」 とか「高橋恵子に似てるよな」とかまんざらでもないという様子だった。

ちなみに当時母親は40才で、今思うと目薬のCMに出てる高橋恵子にまあ雰囲気は似ていた。

それから俺は、おやじに会うたびに「早くやってくれ」とか「今日はやらしいパンティ はいてるぞ」とか言っておやじを挑発しまくった。

 

だいぶたった頃、俺が夏期講習の帰りだったと思うが、おやじが俺を待っていたかのように立っていて、俺と近づくなり「・・・やるよ」とぼそっと言った。

俺は何のことだか咄嗟には気づかなかったが、すぐに母親のことだとわかった。

とりあえず「まじかよ!冗談だろ」と言ったはみたものの、実は興味津々だった。

「本気だ。だから母親の行動を教えろ」
とおやじは言ってきた。

俺は絶句した。

しばらくは変な興奮で何を言っていいのかわからなかったのだ。

「買い物に行くときとか、一人の時とかはいつなんだ」と、
じれたおやじに聞かれて我に帰ったものの、なんか朦朧としていた覚えがある。

それでも
「よし、じゃあ教えるよ、だけど本当だという証拠にやるところを覗かしてくれ」
と俺は答えた。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする