【暴君ネロ】倒産した某上場企業の創業家オーナーの色魔っぷりが半端ない・・・・・・・・・





【実話?】江戸時代ですか・・・?

とある上場企業(今はもうない?)の創業家オーナーの逸話。表向きは文化人で有名だったが、裏では「暴君ネロ」といわれていたという・・・。

nero

(1)もう時効になったから昔話を書こう;
今はもう無いその上場企業の創業家オーナーが表向きは文化人で古美術品収集で有名だった。

裏では放蕩息子で変態で社内では「暴君ネロ」と噂されていた。
社内巡視と称してOLを漁るのが趣味。
縁故で入社した取引先の子女には決して手を出さず、没落名家や訳あり出身の女子で好きものが毒牙に掛かった。

人事部もそうしたオーナーの変態趣味に合う女性を、候補者として毎年入社させて配属していた。

 

(2)オーナーはそうした女子を、自宅屋敷の離れに常時10名ほど住まわせて、
(仕事にはそこから出勤させた、お手当が給料とは別にたっぷりと)
ハーレムを作っていた。
古美術品を愛でるのと同様に女子も手を付け変態の限りを尽くした。

その会社には将来の幹部候補(男子)としての「親衛隊」があって、若手社員が常時20人ほど別の離れに住まわされて、オーナーの事務処理や美術品管理なども経験を積まされた。

そこでは定期的に、「お品調べ」と言う行事があって、お手付きの女子社員と「親衛隊」の親睦が表向きの目的だったが、実際にはハーレムでの女子社員の欲求不満解消と、「親衛隊」若手社員の性欲を一石二鳥で解決する手段で、オーナーの宝物(お手付き女子社員)を普段の忠誠のご褒美にし、オーナーと若手社員が○兄弟の契りを結ぶ神聖な行事だった。

その様子は乱交パーティーそのもので、オーナーは自分は参加せず簾(すだれ)の陰から見守り、側近を通じてあれこれ体位や催し物(加虐Mの実践)を指図していた。

 

(3)お手付きの女子社員が20歳代後半になると、オーナーも飽きて「親衛隊」に下げ渡される事になる。
下げ渡しにならないと、希望すればハーレムの婆やとして世話役に。

一応、家が1軒建つ位の支度金を付けて、盛大に婚礼行事も会社費用でなされて。
(この事は候補の女子社員には予め言い含められている、拒絶したらポイに)

女子社員は寿退社になって、男子社員は望めば暖簾分けで独立する事も出来て、友好子会社として独立する事も出来る仕組みだった。

成績優秀だとそのまま会社に残って昇進して、役員候補として出世競争を繰り広げる事になる。

たまには女子社員にオーナーの落胤で身籠っている場合もあって、そんな時は「親衛隊」男子社員の子供として出生して、将来より親密な縁故グループとしてオーナーを支える事になる。

 

(4)そんな風習は長く続いて会社はそれなりに繁盛したのだが、ある時ハーレムでの強制変態を嫌がって思いつめた女子と、思いを寄せた「親衛隊」の1人が某週刊誌に内通してその実情が知られ、オーナーは多額の運動資金を投じて記事の差し止めはしたものの、別の放漫投機事件が明るみに出て経営破綻し、その隠された報道は少しづつ漏れて色々な憶測を呼んで語り伝えられる事になった。

この前の古家整理でそうした映像・ネガなどが大量に見つかって、憶測が裏付けられる事に。(完)

 

管理人の戯言(´・ω・`)
週刊誌の人・・・?

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする