中学の時、同級生女子に「一緒に混浴風呂に入りたい」と頼み込んだ結果・・・・・・・・・・・・





【体験談】たまたま寄った知り合いの旅館でまさかの・・・

投稿者男性は中学時代、あまり友人もなく、女子にも敬遠されていたが、そんな中でも仲良くしてくれていた女子がいた。彼女の名は「Mika」。男にもてるタイプの彼女と3年の夏休みに忘れられない体験をすることになる・・・。

roten-400x234

俺って何故だか不良少年でも遊び人でもなく、モテたワケでもなかったのに中学時代のセックス体験談が多いのだ。

高校時代はあんまり気が進まなくて体験ゼロ!!

遊べる大学時代すら2人なのに…。

しかもその頃は1980年代前半で、中にはそういう輩はいたと思うが、現代ほどは多くはないだろう。

そこで中学当時の俺の唯一の同級生との体験談をお話します。

 

高校受験を来年に控えた3年時の夏休みの話…。

変わり者だった俺は、やはり友人も少なく、女子からも敬遠されがちだった。

そんな中、同じクラスのMikaとは仲好しで俺にも別け隔て無く接してくれていた。

慈悲深く、かつアクティブでややボーイッシュなサバサバした性格故に男からはモテるタイプのスリムなスポーツウーマンだ。

夏休みのある日の朝、俺は自宅の庭でホースの先にシャワーを着けて水撒きをしていた。

Mika 「〇〇(俺の名前)おはよ~♪」

俺「おぅす!!あっちいな~…。」

Mika 「気持ち良さそうだねぇ~。」

そして俺はからかい気味に彼女にシャワーを向けた。

Mika 「や~ん…。もう…。」

てなわけで彼女を俺の部屋に上げて、ジュースを差し出して、雑談したり、彼女得意のテニスをしたりているうちに俺たちは快晴ということで荷造りしてサイクリングに出かけた。

車が猛スピードで行き交う数々の急勾配を乗り越えて、それぞれのマウンテンバイクで向かったのは15㎞ほどの先の湖のある国定公園だった。

清々しい風を浴びて湖畔に佇む俺たちは端からみて何に見えたのかなぁ…。

近くには知人のおばさんの勤める温泉旅館があってそこで俺たちは休憩することにした。

おばさん「あれぇ、〇〇君しばらく~。どうやってここまで来たのぉ?」

俺「サイクリングだよ!!」

おばさん「うそぉ…!!でもよく来たよねぇ…。まぁ、ゆっくりして行きなさい。(Mikaに向かって )彼女かい?」

ほくそ笑むMikaをフォローするように俺は
「何も何も…、友達だよ。」
と照れ気味に答えるとおばさんは俺たちを空いてる部屋に案内してくれてアイスキャンディをサービスしてくれた。

そしておばさんは
「混浴だけど、良かったらお風呂入って行きなさい。あっちにあるから…。」
とすすめて部屋を出た。

もちろんおばさんは俺とMikaが別々に入る意味で言ったのだが、 キャンディを舐めながら俺は
「一緒に入るか?」
と冗談でMikaに言ってみた。

すると彼女は真に受けてか、
「や~…、なんなのぉ~。」
と軽く俺を小突いたが、恥じらいを見せる彼女が乙女チックに見えて、
「好きだよMika!!」
と真顔を装ったつもりで彼女を見つめた。

彼女は目を点にして一瞬固まり、口を両手で覆い隠して俺の胸中を察するようにまなざしを向けた。

「ここだけの話!!絶対誰にも言うなよ!!俺はMikaの優しさと気前の良さをすげー気に入ってる!!いつも笑い者にされてる俺を庇ってくれてホントにありがたい。しかも今日はこんなにハードなサイクリングにまでご一緒してくれて俺も嬉しいよ!!」
と率直に気持ちを伝えた。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする