【ビッチ】高校の時、デブだった私が男子を襲いまくった結果・・・・・・・・・・・





【体験談】ぽっちゃり女子高生がビッチに至る経緯・・・

投稿者女性は現在22歳。高校の時は太っていて弄られキャラだった彼女。しかし持ち前の明るさから男子の友達は多かった。しかしある時、いつものように男子に呼び出されてイタズラで告白をされたのだが、いい加減同じパターンにイラついていた彼女はちょっとタイプだったその男子に襲い掛かった・・・!

pocchari-400x235

私は現在22歳の女で一般企業で働いています。

ビジネス系の専門学校を卒業してから希望通りに就職できたのですが、実際に働いてみるとイメージとは全く違っていました。
まさか、就職で失敗してしまうなんて本当に悲しいです。

専門学校生になってから頑張ってダイエットをして、30キロの減量に成功したんですよ。
ダイエットが成功した時は、きっと輝かしい未来が待っている!と思っていたんですけどねー。
あの高校の頃のようなおデブの私とは違うんです。

私が高校生の頃はいじられキャラでした。
おデブでよくお菓子を食べていたから男友達は多かったけど、全くモテませんでした。

モテるどころか男子軍団の罰ゲームに使われたりとひどい高校生活でした。
イタズラで私に愛の告白をしてくるんですよ!!!
ひどいと思いませんか(涙)

放課後、私がお友達と楽しく話していると悪戯好きの優馬から屋上に来るよう言われました。
あー、また愛の告白かなんかだろうなと思い屋上に行きました。

すると、そこには誰もいなくて私と優馬二人きりになったんです。
優馬「〇ちゃん、第一印象から決めてました!!!」
そう言って、いきなり私に向かって手を差し出してきました。

またこのパターンかよ、私は優馬の態度にイラついていました。
でも、優馬のことをよく見てみれば結構いい男に思えてきて、ちょっとドキドキしちゃったんですよね。

私「えー?ほんとにー?どうしよっかなー、目をつぶってくれる?」
私はふざけて彼のいたずらに付き合いました。
優馬はプッと笑いながら目をつぶりました。

い、今がチャーンス!!!
私は優馬を押し倒して上に乗りました。

優馬「く、苦しい、重い!」
苦しそうに優馬がもがきましたが、私は遠慮なくキスをしました。
思いっきり唇を吸ったり舌を吸ったり、優馬には悪いけど好みのタイプでした。

優馬「う、うわぁぁぁぁぁ!!!」
本当はもっと襲いたかったのですが、優馬は私を突き飛ばして走って逃げました。

これでもう変ないたずらはしてこないだろう、私を馬鹿にしたバツよ!
私が優馬を襲ったことは男子軍団に広まり、それから男性が私をからかうことはなくなりました。

逆に、私は優馬のことが気になって気になって・・・。
優馬を見かけるたびに視線でラブコールを送ってみたのですが、一切目を合わそうとしません。
やだわ、優馬ったらそんなに恥ずかしがらなくてもいいのに。

数ケ月後、私の友達が清司と言う男子生徒を好きになりました。
清司は結構人気があるため、友達はいつも自信なさそうに遠くから見ています。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする