【レイプ】主婦(43)ですが、隣の独身ニート(50代)に回覧板を持って行った結果・・・・・・・・・・





【体験談】肉に飢えた独居中年のもとにやってきた熟女はあっさりと餌食に・・・

投稿者女性は夫の実家で義父と暮している。隣との距離も数百メートルあるような田舎。そんな中で隣人の中年男性だけはグレーな存在だった。義父によると現在は両親も亡くなり、一人生活保護を受けて暮らしているとか。そんな隣へ義父に頼まれて回覧板を持っていく羽目になったのだが・・・。

rape2-400x240

私には家族に話す事が出来ない秘め事があるんです。

5年前、私(43歳)は夫(48歳)の実家で生活をする事になりました。
義母が病気で亡くなった事が原因です。

夫の実家は地方の田舎町にあり、辺りは山と田畑に覆われ近所も数百メートルも離れて点在する程度の田舎で、不便な所もあり同居は嫌(本心)だったんですが…。

同居を始めて徐々に近所付き合いも始まり、今では仲良くしてくれる人も出来ました。
そんな中、直ぐ隣に住む住人だけがグレーな存在だったんです。

義父(73歳)の話では、50代半ばの中年男性が一人で暮らしていると言うのですが、10年以上前に仕事を辞め引き籠り状態で両親の年金で暮らしていたと言います。
しかし数年前に立続けに両親が亡くなり、今では生活保護を受けていると言うんです。

時々家の周辺の草取りをしている男性を見かけますが、軽い会釈程度で近所付き合いも殆どありません。
見た目は禿ている事もあり老けて見えますが、体格は良く身長180cm程で体重は100kg程ありそうで、中年太りのお腹に不潔感漂う無精髭が伸びていました。

数か月前の出来事になります。
義父が敬老会の行事で旅行に出掛ける朝に、思い出した様に回覧板を私に手渡して来たんです。

”これをお隣に持って行って、判子を貰ってくれないか?”
”お隣にですか?”
”判子貰ったら、○○さんに届けてくれ”
”え~分かりました”

出掛ける時間だった事もあり、私は快く受け取ったんですが…。
義父を送り出し掃除と洗濯を済ませた私は、回覧板を持って隣に向かいました。

道路から細道を入って行くと、手入れされていない植木に囲まれた鬱蒼とする玄関口を入ると無精髭を生やした男性が現れたんです。

”回覧板を持って来ました。ここに判子を押して頂きたいんですが…”

一瞬の出来事でした。
彼が玄関の戸を閉めると鍵を掛け私の背後から抱きついて来たんです。

何が起きたのか訳が分からず、ただ”止めて下さい”と声を上げていました。
男性の力に敵う筈も無く、私は彼に抱きしめられたまま廊下の奥へと引き込まれて行ったんです。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする