【愕然】生活苦から妻をピンサロに体験入店させた結果・・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】3日間の体験入店を終えて帰ってきた妻の様子は・・・?

投稿者男性は脱サラして設計事務所を立ち上げたが数年で業績は悪化。一緒に頑張ってきた妻と二人きりになってしまう。そんな時、妻の友人で風俗経営をしているという女性がやってきて、妻がそこのピンサロで働いてみたいと言い出す。生活も苦しいので渋々了承した投稿者だったが・・・。

pinksaro

数年前の話。

私(貴志・36)が大手建設会社の設計部門から独立し、設計事務所を開いて数年後の事です。

事務所開設当初は仕事も順調にあり、人を使うほどにまでなっていました。

技術面では自信のあった私も営業面の弱さに足をすくわれ、五年もすると事務所は私と妻(美紗・31)二人だけになってしまいました。

昔勤めた建設会社の知人を頼り、下請け仕事を回してもらって、なんとか食い繋ぐ苦しい生活です。
そんな中でも、妻は生まれて持った性分なのか、明るく陽気に振舞ってくれて、それだけが私の慰めでした。

妻が高校三年生の夏、花火大会の会場で出会って、少し小柄で愛くるしい顔立ちと、その明るさに魅了されたちまち虜にされました。

それから、いろいろ口実を設けて彼女に近づき、食事やドライブに誘い、遂にその年のクリスマスイブの夜、バージンを頂きました。
もう嬉しくて、天にも昇るような気持ちでした。

高校の卒業式の後、妊娠している事が分かり、合格していた短大の入学を取りやめ、結婚してくれました。
10月、無事男児出産、私達の長男(海翔・12)です。

どちらの血を受け継いだのか、そこそこ勉強ができ、春から有名私立中学校に入学し寮に入りました。
入用が大きくなり、恥を忍んで実家の父親に無心して、しばらくは何とか遣り繰りできていました。

ある日、突然妻の高校時代の親友(美和・31)が訪ねてきました。
私たちの結婚式の披露宴で、クラスを代表して、お祝いの言葉を送ってくれた女性です。
今はO市に住み風俗関係で働いていると言います。

今度、隣の市に新しい店を開くことになり、女の子を集めに来て立ち寄ったとのこと。
私は挨拶だけして事務所の方へ、彼女と妻は懐かしそうに、話し込んでいました。

彼女が帰った後、妻が「ピンクサロンのお仕事って、何するの?」と聞きます。
私も経験が無く、思いつくまま
「お客さんの男性とソファに座って、一緒にお酒を飲みながら楽しませる話をしたり、時にはおっぱいやお尻を触らせて、性的に楽しませる仕事だと思うけど」
と、適当に答えてやりました。

何か考え込んでいます。

 

それから2、3日経って、妻が
「実は、美和に私がそこで働けないか聞いてみたの。彼女が『経験もないし
無理でしょう。でも美紗なら小柄で可愛いから、二十代半ばで通るかもね。体験入店の制度があるけど行ってみる?O市の私の家に遊びに来なさいよ。私が面倒みるから』と言ってくれるの、三日ほど彼女の所へ行ってきてもいい?」
と言います。

確かに美和の言う通り、妻は結婚した時の愛くるしい顔立ちは、あまり変わっておらず、体型も、子供がお腹にいた時こそ変わっていましたが、10年以上も経った今は、ほとんど変わっていないように見えます。

返答に迷いました。
これから先の収入に繋がると思って妻が考えた事です。
無碍な返事もできず、
「君の思うようにしてごらん。後で報告だけして欲しい」
と答えておきました。

 

今日は、妻がO市に住む美和の所へ行く日です。
妻は朝から機嫌が良くウキウキしている感じです。

反対に、私は不安な気持ちが先立ち、無口になっていました。
「パパ、私の事心配してくれてるの?大丈夫よ。きっと無事に帰って来るから、お土産何がいい?」
と言い、軽く口づけをしてくれ、車に乗ります。

「なんでもいいよ、気を付けて行けよ」
と、私は妻の車を見送りました。

結婚して13年、会社の出張以外、妻と一日以上離れて暮らしたことはありません。

今日はそれが三日も続くと思うと、頭の中は寂しさと不安でいっぱいになっていました。
特にピンサロの体験入店で、どんな男と接触し、どんなことをされるのか想像するだけで胸が張り裂けそうな思いがします。

そんな思いを抱きながら、仕事はほとんどできず、 気ばかり焦っていました。
帰る予定の四日目の昼頃、妻は電話をしてきました。

「パパ、今起きたとこなの。美和が、今日お休みだからO市内を案内してくれるって。もう一泊してもいい?明日は必ず帰りますから」と言います。

これほど心配しているのに、今まで寝ていたとは、腹が立ちました。

こらえて「ああ、いいよ」と言ってしまいました。

 

次の日夕方遅く、妻は車で帰って来ました。

疲れてぐったりして「パパ、ごめんなさい。このまま寝させてね」と言って、服を着たまま、リビングのソファで寝てしまいました。

次の日の朝、私が起きると、妻は朝食の用意をしていました。
私を見ると、手を止めて飛び付いてきてキスを求めてきます。

私も妻をしっかり抱きしめ、キスで応えました。

「パパ、わがまま言ってごめんなさい。本当に楽しかった。はい、お土産」と言って、一枚の写真をくれました。

乳首も乳輪も透けて見える腰までの、薄紫のランジェリと同じ色の透けて見えるようなひもパンを身に着けて、ポーズをとっている妻でした。

それを胸のポケットに入れました。
その夜、私が風呂から上がると、続けて妻が入る時「パパ、ソファで待っててね」と言います。

妻から誘って来るのは、新婚当時に2,3回あっただけ、珍しい事と思い、テレビを見ながら待っていました。
妻が風呂から上がり、ガウンを着て私の前に立ち、それを脱ぎ捨てました。

なんと、私にくれたお土産の写真そのままの格好です。

「どう、似合うかしら?」と言いながら一回りして、にっこり微笑みました。
それはエロいと言う感じ以上に、妖艶と言う方がふさわしいと思いました。

ソファに座る私の前に跪きパジャマとトランクスを引き下ろし、息子をパクリと咥え、私の顔を見ながら舐め始めました。

玉袋の表も裏も、そしてアナルまでも丁寧に舐めくれます。
私はすぐに感じてしまいました。

妻はそれが分かるのかより奥深く咥えて離しません。
そのまま妻の喉の奥に射精しました。

それを飲み下すと、息子を丁寧に口で掃除してくれ、私の膝に腰かけて抱き着き、キスしてきます。
口の中に栗の花の匂いがに広がりました。

妻はニッコリ笑顔を見せ
「パパ、気持ち良かった?美紗、フェラ上手になったでしょう」
言いながら、息子をゆっくり扱いてくれます。

「うん、すごく感じちゃった。なんで、そんなに上手になったの?」
と聞くと、妻は
「体験入店する前に、美和が模型を使って教えてくれたの、『精液は全部飲んで、お口で掃除するのよ。きっとお客さん喜ぶから』と言うの。えー、そんなの絶対無理と思った」
と言います。

O市に着いた次の日とその次の日、二日体験入店したそうです。
美和が用意してくれた衣装に着替えて控室に入ると、胸がワクワクドキドキして、すごく興奮したと言います。

「初めてのお客さんは50歳位のおじさん。
ズボンとパンツを脱がすと、大きいのが出てきたわ。
目を閉じて咥えたら、ちょっと塩っぱい味がしたけど、我慢して教えられた通りフェラしたけど、全然感じないみたい。

おじさん、いきなり起き上がり私をソファに寝かせ、着ているもの全部脱がせて、唇で上から下まで舐めてくるの、すごく気持ちよかった。
女のあそこを舐めて吸われた時は、何度も感じちゃった。

本番までやられると思ったけど、親指を少し入れて『今度はここで抜いてもらうからな』って帰ってくれた。
その後二人のお客さんの相手したの。
どちらも年配の紳士で、最初にフェラしてあげると喜んでくれた。

フェラの後は、私の体を撫ぜたり、キスしたり、エッチなお話したり、楽しく時間が過ごせたみたい。
帰る時、『また来るからな』って言ってくれた。
私って男性の気持ちを和ませる何かがるのかなあと思った。

二日目も同じような男性が二人と、もう一人私と同じ歳位な男性。
最初から本番を要求されたけど、きっちり説明して、辛抱してもらった。

代わりにフェラで二度射精させたあげたら、納得してくれたみたい。
後で、美和に客あしらいが上手だと褒められちゃった」

と体験入店の模様を話してくれました。

話を聞きながら、私は興奮してきました。

妻が「パパ、また大きくなってきたよ。ねえ、男性の此処ってみんな同じかと思ってたけど、人によって、多少大きさや形が違うのね。今度の経験でよくわかったわ。
パパはどちらか言うと少し小さめかな、初めてのおじさんが一番大きかったと思う。
握った感触では長さも太さも、一回りは違がってるみたい」

と指で測るような真似をするので、止めさせようと思い、いきなり妻のひもパンの中に手を入れました。
あそこはべっとり濡れているのに、何かが違うような感じがします。

妻の抵抗を無視して脱がせると、あそこの毛が一本もなくなっていました。
「ごめんなさい、美和がお客さんに観てもらうのだから、手入れしなさいって言うから、全部剃っちゃった」
と言い、ションボリ。

「いいじゃないか、美紗が若返って嬉しいよ」
と言ってやると、パッと明るい表情に変わり、飛び付いて
きました。

その夜は、妻の話を思い起こしながら萌えました。

久しぶりに妻の中で二度も射精しました。
妻はそれ以上に感じていたようです。

その後、これ以上妻を風俗で働かせると、誰かに寝とられると思い断固反対すると決心しました。

同時に本来の仕事にもっと力を入れ、苦手な営業も頑張ろうと思いました。
翌朝、私の決心を妻に伝えると、喜んで賛成してくれました。
美和にもピンサロの仕事を断りました。

今は、不景気と言われる建設関係でも、私の設計事務所だけは売上げを順調に伸ばしています。
私と妻を含めて、五人のスタッフになりました。
もう2、3年先には、息子の海翔が働かせて欲しいと言ってます。

妻一人の営業では荷が重くなりそうです。
誰か有能な助手を探しているところです。

それにしても、妻にこんな才能があるとは思いもよりませんでした。
宝の持ち腐れになるところでした。

そうそう、妻が体験入店した時、お相手させて頂いた方の中で、この体験談を読んでおらる方はおられませんか?
心当たりの方はご連絡ください。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
この人たち、根本的に何かおかしい・・・。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする