【トラウマ】出会い系で変態熟女のトラップにハマったワイの末路・・・・・・・・・・・・・





【体験談】かなりグロテスクな内容になっておりますのでご注意ください・・・

投稿者男性が学生時代に体験した恐怖の出来事。当時、出会い系で女性を探していた投稿者だったが、連戦連敗を重ねるうちに誰でもいいからエッチがしたいと思うようになる。そしてついにコツをつかんで20歳も上の女性と会うことになる。しかしこの女性がとんでもないジョーカーだった・・・。

hentaijukujo-400x236

僕が学生の頃の話だけれど・・・、お暇な方は目を通してくださいな。

出会い系サイトで簡単に女性とエッチするには、多少のコツだけでうまくできた時期があったんだ。
始めは連戦連敗が続き性欲だけが溜まっていったから、変態オナニーばかり覚えていった。

出会い系サイトで失敗するたびに僕自身への罰として、洗濯ばさみで乳首を挟んだり、缶コーヒーを陰部にグリグリ押し付けたり・・・、気持ち良くはなるけれど罰なので射精は厳禁というルールでやったんだ。

そのため、頭の中は常に性欲で支配されて、どんな女性でもいいから射精させてほしいと途中から考えるようになった。

何度も失敗を繰り返していくうちに、ついにコツを掴むことができた。
このコツをうまく利用して女性を口説いてみた結果、何と20歳も年上の自称変態の女性と会うことになったんだ。

20代の僕が40代の女性と会うって、これはもしかして女性の方がオイシカッタ???
まぁ、細かいことを気にせずに約束場所で待ち合わせをした。

待ち合わせ場所に行くと、ちょっと派手目のおばさんがいた。
一瞬、このまま逃げてしまおうかと思ったけど何週間も発射していなかったため、正常な判断ができなかったのだろう。

僕「お待たせしてすいません、僕がマイケルです」
マイケルと言うのは僕の偽名、ただのハンドルネームってやつだ。

熟女「あらマイケルちゃんね、可愛いわぁ~。私は聖子よ」
彼女の名前が本名かハンドルネームか知らないけれど、とりあえずこのまま近くのホテルに向かった。

聖子「マイケルちゃんはすっごく可愛いけれど、変態なのねぇ。いいわぁ」
僕「いえ、そんなことないですよぉ」

どうでもいいような適当な会話をしながら歩いていると、彼女が予約しているというホテルに着いた。
そして、最上階の部屋まで行くと彼女は食事を用意してくれていた。

僕「わぁ、すごいですね。どうしたんですか?この料理」
聖子「お腹が空いたら頑張れないでしょ?マイケルちゃん、いっぱい食べて」

聖子さんの言葉に甘えて目の前の料理を食べた。
しかし、何を食べた後なのかよくわからないけれど、途中で意識が朦朧としてきたんだ。

そして、ここからは記憶があやふやで断片化しているため、わかっていることだけ書いていきます。

たぶん目隠しかマスクをつけられているのだろう。
しかも拘束されていて身動きが取れない。

目が覚めて声は出せるけれど、目の前が真っ暗だ。
でも、なんか鼻先がすごく臭いにおいがする。
何とも言えない生臭さというか、うん〇のような吐き気がしてくるにおい。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする