【兄妹相姦】障害者の兄のオナニーを見た妹が取った驚愕の行動・・・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】看護師の妹は物分かりがよかった・・・

投稿者男性は43歳。30歳の時に事故で膝から下が動かなくなり、車いす生活になった。そんな彼はバツイチの妹(35)と二人で暮らしている。女性との関係などない投稿者はいつもオナホールで慰めていたのだが、ある時、オナニーの現場を妹に見られてしまう・・・。

kaigoshi

たまたまネットサーフィンしていてこのサイトを発見しました。

読んでいてビックリするやら、こんなにも近親相姦ってあるのか・・と思いました。
小説風もあり、作り話もあるようですが、本当の告白もあって、自分の置かれた境遇や妹との関係を書きたいと思ったしだいです。

下手くそな文章かと思いますが、読んでいただけたら嬉しいです。
ただ一つ前置きですが、近親相姦したくてしてるというのとはちょっと意味合いが違うかもしれません。では早速。

私は43歳の未婚の男です。
30歳のとき交通事故で車いす生活になってしまいました。

膝から下が動きません。
通勤、仕事は電動車椅子で移動してます。

こんな体だから、付き合ってくれる女性もなく、ましてやセックスしたくても風俗に行けるわけもないですし。

3か月前から、妹の由香里と同居になりました。
35歳。バツイチ。子供なし。職業は看護師。
兄の目から見ても美人と思います。
若いときの女優の名取裕子さんにそっくり。

ただ、体型はちょっとぽっちゃりですが。デブというわけではなく肉付きの良い体型です。
1年前に離婚して実家に帰ってたのですが、別の病院に再就職しました。

私の住んでる家からのほうが、通勤が楽ということで同居をすることになったのです。
しかし、さすがに1Kで兄妹の同居は無理ということで、3か月前に近くの3LDK賃貸マンションに引っ越ししたのです。

同居してしばらくは何事もなく普通に兄妹でした。
1か月半前の事件が発端で、妹に性的な介護もしてもらうようになってしまった。
近親相姦をしているということなんですが・・・。

私もまだまだ精力はあるので、我慢できなくなると仕方なくオナホールで抜いてました。

なるべく妹が外出中や仕事に行ってる間に済ませてたんですけど・・・。

その日はどうにも我慢できなくて、こっそり自分の部屋でスエットとパンツをずり下げて、オナホールに挿入してAV見ながら(音はミュートして)、自分のチン○を扱いてました。

と、ドアをノックして由香里が入ってきた。
「お兄さん、あのね・・・あ!!」
・・・バタン!
とドアが閉められ出てってしまった。

見られた私は・・・やばいとこ見られた!と焦りましたが。
ドアの向こうから
「お兄さん・・・ごめんなさい。気にしないでいいからね・・・わかってるから。」
と言われて、

「いや・・・これは・・・ただ・・・」
もうドギマギしながら弁解しようにも言葉が出なくて。

「ううん、いいんだってば。お兄さんだって我慢できないときあるもんね。見なかったことにするから大丈夫よ。」

そのまま、由香里はドアから離れていきました。
その日は何事もなく、多少気まずい感じはありましたが由香里は普通に接してきてくれた。
夕食を一緒に食べながら、今度の休みはどこに出かけるか?なんて話して。

 

それから4日たった夜のことでした。
深夜寝ていた時です。
肩をトントンと軽く叩かれて目が覚めた。

ベッドの横に由香里がいました。
寝ぼけながらも
「由香里、ん?なんだ?なんか用か?」

由香里は黙って、私のベッドに潜り込んできました。

なんだ?なんだ?何があった?この時は想定外の妹の行動にびっくりして何も言葉が出なくて。
由香里が私を抱きしめてきた。

「お兄さん・・・かわいそう。お兄さんの気持ちわかってるからね。辛いよね?苦しいよね?我慢しなくていいからね。 だから、私に任せてね?」
「由香里・・・何?どうした?」
「ん?我慢できなんでしょ?・・・お兄さんだって男だもん、あたりまえよ。」
「・・・おい!・・何言ってるんだ?」

妹は私の唇に指を当てて、「しーーっ」とささやいた。

「あのなあ・・・俺たち兄妹なんだぞ?」
「だから?私だって看護師よ?男性患者の我慢できない姿なんて、何度も見てるしぃ・・・お兄さん辛いんでしょ?女の人肌が恋しいんでしょ?」

「だからって・・由香里・・あのなあ、まずいって!」
「いいから。私がこっそり相手してあげる。この間のお兄さんの姿見て泣けちゃったわ。可哀想すぎる・・・。本当なら結婚して、お嫁さんと・・・なのにね。」

そういうと私の上に乗ってきた。
胸に由香里の柔らかいおっぱいが押し付けられて・・・けっこう大きいです。

そして、キスしてきました。
もう、何がなんだかわからなくなってました。

頭の中は「いいのか?まずいだろ?」と思いながら、下半身は反対だった。
我慢しつづけたせいで、由香里にキスされただけで、チン○が完全に立ってしまった。

「お兄さん・・・固くなってるね。まかせてね?」
「いいのかよぉ・・・由香里。」
「いいんだって。減るもんじゃないし。今までお兄さんがたくさん私を守ってくれたでしょ?だから今度は私が・・・ね?」

由香里はそのまま起き上がってパジャマを脱いだ。

「本番は・・やばいって!子供できたらシャレじゃないぞ!」
「うん。そんなのわかってるって。今日は大丈夫な日なの。それに・・・私だって我慢してるんだから。」
「う・・・そ、そうか。」

由香里は俺のパジャマも脱がしてくれて、気が付いたらパンツ一丁の姿でした。
由香里もショーツだけの姿で。

「ねえ、暗すぎるよね?電気つけようか?」
そのまま、部屋の電気をつけました。
今までシルエットに近かった由香里の裸がもろ見えになって・・・さすがにドキドキした。

由香里はもう一度私の上に乗ると、おっぱいを私の口元にもってきた。
「いいんだよ?お兄さんの好きにして。妹だなんて思わないでさ。」
そこからは夢中でした。

由香里のおっぱいに両手を添えて揉み続けながら、乳首を吸ったり舐めたりしてました。
由香里は小さい声で喘いでいた。

「お兄さん・・・いいの・・・もっとしていいの。辛かったよね?・・・あ・・いいの。私を好きにして構わないから。」
「由香里・・すまん・・すまん!」

「揉んで・・・たくさん吸って・・あ・・あ・・あ」
「由香里・・・大きいな。おっぱい・・」
「え?・・・ああ、Dカップよ。」

思い切り由香里の好意に甘えました。
そして、由香里が私のパンツを脱がせて、固く大きくなったチン○を握ってきた。

「お兄さんの・・・立派だわ。ほんとに。」
「そうかなぁ?それほどでも・・・」
私のほうが恥ずかしくなってしまった。

「ほんと大きい。15、6センチはあるかな?もっとかな?」
と言いながら手で寸法を測ってました。

「15センチちょっとかな?・・・お兄さん、どのくらいエッチしてないんだっけ?」

「え?うーーーー10年以上かな。足がこうなる前はエッチしたが。」
「そう・・・そっか。いいよ。今日は10年分だしちゃってね。たくさん私に甘えていいからね。女の体をたっぷり味わっていいからね。」

「由香里・・・おまえ・・・ごめんな。」

由香里は泣き笑いみたいな顔して、いきなりチン○を咥えてきた。
ものすごく上手なフェラでした。
吸いこみ・・舐めまわし・・亀頭を可愛がってくれた。

さすがに10年以上、オナホール生活だったので、温かくて柔らかい攻撃に参ってしまった。
数分で一気に精液を放出しました!出しても出しても止まらないくらい。

射精しながら、これだ!この快感だ!と忘れてた快感を思い出した。
由香里は咥えたまま、出される精液を口で受け止めてくれた。

チン○の脈動が止まりませんでした。
出しても出しても出きらない・・・と言えばいいでしょうか?

最後に強く吸い上げてチン○の中に残っている精液を吸いだしてくれた。

「はあ、はあ、すまん・・はあ・・早く吐き出してくれ。」
由香里は横に首振るとゴクリと音を立てて飲みこみました。

「由香里・・・そんな・・・ありがとう。」
私は由香里の優しさに感動でした。

こんな兄の溜まり続けた汚いものを・・・。

「お兄さん、良かった?少しすっきりした?」
「ああ・・・助かった。気持ち良かったぁ!忘れてた快感を思い出したよ。」
「うん、良かった。まだ溜まってるよね?10年分だもんね?少し休憩しよっか。」

由香里は私の横に寝るとぴったりくっついてきて、小さくなったチン○を握ってゆっくり扱いてました。

「お兄さん・・・あのね?これからは我慢しないでね。辛くなったら私に言ってよ。誰にも秘密で私が面倒見るから。」

「ほんとにいいのかよ?おまえだって再婚したり、カレシ作ったりしないと・・・何もバツイチであきらめるなよ。こんなどうしようもない兄貴の相手をしないでさ。」

「お兄さんの面倒は、これから私が見るの。そう決めたの。」
「なんで?」
「決まってるでしょ・・・お兄さんのこと昔から大好きだったから。優しくてかっこいいお兄さんが大好きだったのよ。知ってた?」

「いや・・・好きったって。兄妹だぞ。」
「それ・・・言わないの。誰にも知られなければ問題ないでしょ?二人だけの秘密にしよう?絶対に・・・ね?」

「わかった。俺も由香里が可愛くて仕方なかった。すまない。」
「もう・・・何度も謝らないの。」

そう言うと由香里は私の上に被さって、もう一度キスしてきた。
そのまま上で体の位置を変えると・・・シックスナインの体位になった。

目の前にピンクのショーツ姿の由香里の股間があった。
「お兄さん・・私のもお願いね。可愛がってね?・・・もうおばさんだけど。」
そう言うともう一度チン○をしゃぶり始めた。

私も両手で由香里のお尻を掴むとショーツの上からオ○○コに顔を埋めた。

数分して。
「お兄さん脱がして?ショーツ。私のココ見てもいいから。」
ショーツをゆっくりずり下げて、由香里のオ○○コが出てきた。

さすがに子どもの頃一緒に風呂入ったとき違う。
すっかり大人になってた。
毛は綺麗に手入れしていた。

ショーツを脱がすともう一度オ○○コに顔を埋めてしゃぶりついた。
由香里はフェラしながら、私が舐めやすいように股間をずらしてくれた。

シーンとした部屋にお互いのものをしゃぶる音が響いて、興奮しました。
どのくらいそうしたかはわかりませんが由香里がそっとチン○を口から離すと体位を変えて、私の股間に跨りました。

チン○を握ると、自分のオ○○コに当てて・・・
「お兄さん・・・入れるね。大きいから全部入らないかもね。」
と言うと腰を落としてきた。

亀頭にヌルッとした感触・・温かい肉に包まれる感触・・締め付けられる感触・・・。
由香里は腰を落としながら、のけぞって喘ぎ声を出し始めた。

「大きい・・・太い・・・お兄さんの。」

そしてぴったり重なった。
根元まで咥えこんでました。
亀頭の先端が奥に当たってました。

「はあ・・・凄い・・・奥まで届いてる・・あ!当たる!・・」
「うう・・・由香里・・・気持ちいいよ。」
「うん・・・うん・・・もっとね。」

由香里が腰を動かし始めた。
なんて上手いんだ!とびっくり。
人妻だったのだから当たり前なのですが。

「当たるぅ・・・あったるぅ・・あ!あ!・・お兄さんの・・・すごく・・・いいの。」
「はあ・・・はあ・・・由香里も良すぎる・・」
「お兄さん・・・腰動かせる?」

「ああ、動かせる。」
「下から・・・突いて・・たくさん・・・」

私は上に向けて腰を突きだしてました。
由香里も動きを合わせてくれて。

ヌチャ!ヌチャ!っと合体部分から音がしてました。

そのままお互いに腰を振りまくって・・・
私が我慢できませんでした。
本当に久しぶりのオ○○コの感触は耐えられません。

「由香里・・・だめだ・・・すまん!」

由香里が腰を完全に落として、根本までチン○を咥えこんでくれて、そのまま膣奥・・・いえ、子宮にピッタリ亀頭が当たって、大量に射精しました。

「ああ!・・・凄い!・・・出てるぅ・・・」

由香里がのけ反って呻いてました。
何度も強烈にチン○が脈打って、何度も精液を送り出してました。

「はあ・・・出たね?」
由香里は前のめりで手をついて、私を眺めてました。

「はあはあ、気持ちいいよ。はあ、はあ・・・最高だ。由香里のは凄いなぁ・・・ほんとに」
「そう?うん。良かった。喜んでもらえて。へへへ・・お兄さんのイクときの顔見ちゃった・・・可愛い顔するんだね?」

「あはは・・・やめろって。」
そして、私は両手を使って起き上がって、対面座位で由香里を抱きしめました。

「由香里、感謝してるよ。本当にありがとうな。」
「お兄さん・・・ううん、お礼なんていいから。私だって嬉しいんだから。お兄さんの役に立ったって・・・」
「役に・・・って、でも、これが最初で最後でいいからな。」
「なんで?言ったでしょ?お兄さんの面倒は私が見るって。」

「いや・・・何度もはまずいって、子供できたら大変だぞ。」
「大丈夫。それに・・・お兄さんが好きだから、いいの。私に任せてね。」
「ほんとに?」
「うん。だから、ちゃんと言ってよね?したいときはしたいって。我慢しちゃだめよ。」

「すまない・・なんて言えばいいやら。」
「言わなくてもわかってるから!だって私のお兄さんだもん。」

その日は、そのままあと2回由香里の中に放出しました。

3回目。
お互いに慣れてきたせいもあり、恥ずかしさも亡くなったせいもあり。
由香里は私の上で腰を振りまくりながら、少し大きめの声で喘いでました。

私も下から突き上げながら、由香里のおっぱいを揉み続けて。

「お兄さん・・あ!あ!いいの!突いて!・・・凄いの!・・いきそうなのぉ!」
「はあ・・うっ!うっ!・・いっていいぞ。ふん!ふん!・・・これで・・いいか?」

突き上げ角度が変わるように由香里の腰を掴んで突き上げました。

「お兄さん・・・いい!・・だめ!・イクッ!」

私の上でのけぞって由香里は昇天。
由香里がもとに戻るまで、私は突き上げを止めてじっとしてました。

由香里の中が強烈に動きながら何度も締まってました。

「はあ、はあ・・お兄さん止めないで・・・いいよ。動いて・・・出して。」
もう一度突き上げを再開。
由香里もあわせて私の上で跳ね回った。

そして、「だめだ!」
そのまま、2度目の放出でした。

そして、ラスト1回も由香里の中に放出。
さすがにお互いにぐったり。

でも、由香里も私も満足感、充足感でいっぱいで、しばらく抱きしめあったままでした。

 

それからは、週に2、3回ですが由香里に助けてもらってます。
もちろん安全日以外はスキンをつけてます。

由香里が忙しいときは、私が車いすに座ったままフェラで抜いてくれたり、手コキで処置してくれたりしてます。

由香里が夜勤とかでいないときに困らないよう、オナホールも用意してくれます。
由香里が5個オナホールを買ってくれました。
どれも1万円近い高いやつなのでリアルなホールでビックリですが。

「お兄さん、これプレゼント。私がいないとき我慢できなかったら、これ使ってね。洗うのは私やるから、使ったら置いといていいよ。」

で、どのホールが気持ちいか教えて?・・・と。後日感想を言ったら、一番良かったホールを追加で3個購入(ネット通販)してくれました。

「壊れたとき困っちゃうもんね?在庫は置いておかないと・・・」
頭が上がらないというか、感謝の言葉も出ないくらいでした。

由香里の献身的なセックスのおかげで、精神的にも救われてます。
由香里は由香里で離婚後、さっぱりセックスから遠ざかってたのもあり、兄相手ですがコンスタントにセックスできて、心にゆとりができたと言ってくれてます。

近親相姦には間違いないのですが、恋愛感情というより、妹の献身さ、自己犠牲でのセックスだと思います。
放っておけないという母性本能の部分かもしれません。

近いうちに由香里には、兄として何かお礼をしたいと思っています。
ただ本心は、いつまでもこんなことをしていないで、早く再婚していい家庭を持ってほしいと願っていますが・・・。
由香里にはその気持ちがないようなのが、困っているというところです。

下手な文章で読みづらかったと思いますが、ご容赦ください。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
高級オナホのくだりはさすがに引いた・・・。

※この記事は過去の人気記事からのピックアップです。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする