【近親相姦】姉のシャワー中、ガラス越しに見ながらシコシコしてたら・・・・・・・・・・・・





【体験談】久しぶりに姉と一緒にお風呂に入ることになったのだが・・・

投稿者は中2男子。高1の姉がいるが、家に彼氏を連れこんでセックスをしているようなビッチだった。そしてある日、家に帰ると姉がシャワーを浴びていた。ガラス越しに見える姉の裸を見て興奮してしまった投稿者がそのままアソコを弄っていると・・・。

shower

ぼくは中2です。
姉貴は高1で、夏休みになって昼間は親がいないので、ときどき彼氏を部屋につれてきます。

部活が終わって帰ってきたら、部屋で彼氏とHしてたことがなんべんもありました。
ぼくはむらむらして、姉貴の大きな声をききながら、オナってしまいます。

ある日帰ったら姉貴がシャワーをあびてるとこでした。
ガラスの向こうにぼやっと姉貴のはだかが見えるので、ぼくはがまんできなくなり、チンコを出してさわっていました。

姉貴はぼくに気付いて「ケンなん?」とのぞきました。

ぼくは立ってるのを必死でおさえていると、姉貴は笑って「ひさしぶりにいっしょにはいろ!」と誘いました。

「彼こないん?」というと「試合やしこられへんねん」といいました。

姉貴はめちゃ大きなオッパイで、あそこも見えてるし、見ただけで出そうな感じでした。

ぼくがじーと見てたら、姉貴は「姉弟やしかくさんとき!うちかくしてへんやん」というので、ぼくは恥ずかしいけど見せました。

「お~、けっこうでかいやん!彼のよりでかいんちゃう!?」
と姉貴はぼくのチンコをはじいて、
「なんか、そんなおっきいの見たら、したくなるやん~」
というので
「姉ちゃんかって胸でかいやん」
というと
「そやろ。彼氏にもまれてるしなー。Eカップやで」
と笑って自分で胸を持ち上げてゆさぶりました。

ぼくはたまらんくなって、壁にびゅっびゅっと飛ばしてしまいました。
姉貴は「うわっ」とびっくりして「すっご~!!さわらんでも出るんや」と驚いてました。

ぼくのチンコは、まだ上を向いたままで、姉貴は「ケン元気やなあ」とチンコをなでてきたので、ぼくも姉貴に抱きついて、胸をもんでやりました。あそこもさわったらヌルヌルしてました。

夢中でさわったら、「もう、やめて~」とあばれたけど、胸に顔があたったので、乳首を吸ったら「あぁ~」といってぼくにもたれてきました。

ぼくはいきおいで、姉貴の口を吸いました。姉貴はびっくりして見るけど、こんどは姉貴からべろちゅうしてきました。

してるあいだ、姉貴のオッパイをもんだら、姉貴は
「もう、ケンのあほー。まぢしたくなったやん」
とぼくのチンコをにぎってもんで、
「部屋にいこ!」と手をひっぱるので
「うん!」といってぱぱっとふいて、まっぱだかで姉貴の部屋にいきました。

そしてベッドに倒れてぎゅうぎゅう、上になったり下になったりして抱きあいました。もうガマンできずにゴムをつけてあそこを入れあって、はげしくHしました。

初めてなのに、姉に導かれるまま、はげしく腰を動かしました。姉貴のからだは最高でした。
姉貴はめちゃ感じてるし、ぼくも何回してもたりなくて、なんべんも姉貴の中に出しました。

あれから姉貴とほとんど毎日やります。
特に姉貴はおっぱいを揉むのはいつでもOKで、もっと大きくしたいから揉んでと突き出してきます。
姉貴は家の中ではノーブラなので、後ろから前からおっぱいを揉んであげます。

また、姉貴はおっぱいを揉んでいると、「ケン上手になったな、まぢしたくなるやん。」と言って、ぼくのものをズボンのうえから触ってきます。
「もう、元気やな、ほとんど毎日してるのに・・またたってるで」と言って、そのまま姉貴としちゃいます。

姉貴が生理のときはできないのですが、ぼくがたっているものを姉貴に見せると、フェラチオでいかせてくれます。

そんな感じでぼくがしよーということもあるし姉貴から誘うこともあります。彼氏としたときは、彼氏が帰ったあと、「見せつけてごめんなー」と笑って、まっぱだかのまま、ぼくの手を取って、そのまま姉貴の部屋に導き、ベッドでぼくともしてくれたりします。

最近では「彼氏より大きいと違うか、彼氏より上手かも」とうれしいことを言ってくれます。
そりゃそうだ、彼氏はときどきだけど、ぼくとは毎日何回もしてますからね。

両親がいないときは姉貴はまっぱだかが気持ちがいいとか言って、家では服を着なくなりました。ぼくも負けずにまっぱだかで姉貴に近づき、
「姉貴の裸は最高だよ。でも彼女ができるまでの代わりや!」と言うと、
「そんなこというと、もうさせへんよ。」と笑いながらいいます。

「うそや、ぼくは姉貴のそばに居るだけでこんなになるんや」
と言って、ぼくのかたくなったものを姉貴に見せ付けます。

姉貴は「毎日やってるのに、こんなにかたいやん、すごいな!」
と言って、ぼくのものを握ったり、揉んだりしてくれます。
そのまま、入れあっちゃいます。

最近では、お互いの感じるところを言い合って、そこを徹底的に攻めたり、攻められたりします。

姉貴もぼくも69が大好きで、どちらが先にいくか競い合ってたりしてます。
たいていはぼくが先に発射してしまい、負けますが、2回戦目はぼくがクリトリスを舐めてあげて
「あー、気持ちいい、いく!」と姉貴がぼくの上で崩れ落ちて、勝ちます。

お互いに気持ちがいいので、やめられません。
姉貴と言うより、セフレか歩くナイスバディのマンコのようで、ぼくは最高です。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
なにこの小学生みたいな作文・・・。
にしても関西弁ってビッチ感が倍増するんやなぁ。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする