【スカ注意】嫁に口内射精し、鼻の穴から飲尿させるような変態男になった理由が・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】変態男になった学生時代のきっかけ・・・

大学時代、ママさんバレーのコーチをしていた投稿者男性。そこには35歳を超えた熟れた人妻たちが欲求不満を発散する場所だった。練習中も人妻たちのエロい体に興奮しっぱなし。そして練習後の飲み会で、とある熟女との体験から変態性癖に目覚めてしまう・・・。

hentai-400x235

33歳の、変態嗜好の既婚者です。

私はオマンコではなくて、女性の顔を汚す事に執着をしています。

そお言う嗜好に目覚めたのは、20歳の大学時代でした。

当時、近所の知り合いの人妻に、ママさんバレーのコーチを頼まれて、週2回、夕方から小学校の体育館でママさん達に教えていました。

小学生の子供を持つ、35歳オーバーの熟女の人妻達です。

何人かは、35戴以下の若いママさんも、居た記憶が有りますが、20歳の私からしてみれば、みんな同じオバサンに見えました。

旦那さんに構ってもらえない、欲求不満をバレーボールにぶつけて、発散をしている様子でした。
(みんな大変元気な熟女達です)

大きな胸を「ユサユサ」と震わせて、コートを走り廻っています。

中には、ノーブラの乳首がユニホームの下で起っているのが判ります。

熟女達が汗を掻くので、体育館の中は「プンプン」とメス臭が漂って、若い私は、バレーボールどころでは、なくなってしまう事も有りました。

究極は、休憩の時などに熟女達が体育座りになり、股を開いています。

ジャージやハーフパンの、股間の部分が濡れているのが判ります。
『 汗なのでしょうか? いいえ・・ 淫汁で濡らしているのでしょう! 』
私は、思わずトイレに駆け込んで、自慰でチンポを静めていました。

ある日、練習後の飲み会に誘われて、参加をしたのですが、私がいるのに、「下ネタ・エロ話し」で盛り上がっていました。

お酒の弱い私は、酔い潰れてしまい、トイレで小便をしようとしましたが、「フラフラ」で起って出来ずに、個室に入り屈んで小便をしました。

いつのまにか、そのまま寝てしまいましたが、チンポが暖かくて、気持良いので目覚めました。

『 熟女の人妻が、私のチンポを咥え込んでいるのです! 』

綺麗な顔を歪めて、一心不乱に「ジョボジュボ」と、音を立てています。

快感に耐え切れずに、咥内射精をしてしまいましたが、熟女は怒る事無く、私の精子を飲み込んでくれました!

童貞では有りませんが、精子を飲んでもらえたのは、初めてで感動していると、

「今度は私の舐めてェ~」と熟女が言い、ジャージとパンツを脱ぎ捨てて、

片足を給水タンクの上に乗せて、便座に座っている私の顔の前に、オマンコを、押し付けてきました。

私の鼻にオマンコが近付くと、
『 なんとも言えない淫臭が漂い、私の鼻腔に充満してきました! 』
汗を掻いて、汚れている熟女のオマンコは、『 臭い! とても臭い! 』

私は、酒のせいも有りますが、臭い匂いが堪らずに、吐いてしまいました。

熟女に怒られると思いましたが、ジャージとパンツを履き直して、私の嘔吐物の処理をして、介抱をしてくれました。

その時の熟女の口元に、先程の咥内射精で飛び散った精子が付着していて、綺麗な顔を汚した快感に目覚めたのと同時に、「臭いオマンコ」が、「トラウマ」になり、オマンコには執着心が、なくなりました。

考えてみれば、オマンコって小便をしたり、生理も有るし、旦那のチンポを挿入したり、浮気相手のチンポも挿入をしている?

『 不浄の身体の部分ですよね! そお思いませんか? 』

それに引き換え、顔は常に晒しているし、口などは、話をしたり、食事をしたりと神聖な部分ですよね?

『 その神聖な部分を汚す事で、快楽を得るようになりました! 』

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする