【制裁】遠距離の彼女が浮気→体中のキスマーク見てプッツンきた結果・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】彼女を容姿だけで選んだ結果・・・

高校の時に学年一可愛いと評判の女の子と付き合える事に。お互い違う大学に入り遠距離恋愛となり、不安になる投稿者男性。そして1年間、バイクで通い続けた頃、彼女のアパートを訪ねると知らない男が・・・。

nakadashi

高校の時から付き合ってた真美。
大学は別々になって、俺は地元の大学、真美は一つ隣の県の大学に通ってる。

高校の時に一目惚れして、それから五回くらい告白して、やっとOKもらえた。
というのも、俺は地味なごく普通で、真美はかなり可愛い。

学年一可愛い子って評判で、上級生からも告白されたり、声かけられたりしてたタイプ。
正直、俺とは釣り合ってないけど、やっと何度か告白して、OKもらえた。

お互い大学になって、離れて、真美は目立つ美人だから、かなり心配だった。
そのことを伝えると、
「私は浮気なんてしないってば。それに、遠距離のほうが長続きするって言うし、安心していいよ」
みたいに言ってくれた。

俺のほうも、平日は必死にバイトして交通費稼いで、バイク免許とって買って、週末は真美のところに行く。
一年くらい、付き合い続けるのに結構努力した。

そして、大学二年になる頃の、6月くらいだったと思う。
途中で雨になって、足場悪い中で真美のアパートに行って、呼び鈴押すと、なぜか中からばたばた焦ってる感じの音が聞こえてきた。

「ごめんっ、今、人来てるからっ……」

チェーンロック越しに、真美が顔を出す。
服は着てるものの、髪は乱れてて、どこか変だった。
ちらりと見えた玄関に男モノの靴があった。

「真美、誰だよ?」

「あ、えっと……彼氏、です」

「ふーん、こいつが……」

チェーンロック越しに、茶髪のチャラそうな奴が俺を値踏みしてた。
それ見て、真美が浮気とか、そういうこと頭の中に一切なかったから、頭真っ白になった。

「後で説明するから……近くのファミレスで待ってて」

そう言われて、頭真っ白で、バイク押しながら言われるままファミレスで真美を待ってた。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする