【愕然】女子高生ですが、痴漢に遭ってブラジャーとられた結果→最悪な事が・・・・・・・・・・





【体験談】そのまま学校に行ったのだが・・・

通学のために満員電車に乗る投稿者女性は毎日のように痴漢にあう。ある朝、乗り遅れそうになって急いで駆け込んだ車両はおっさんばかり。ヤバイと思ったときは時すでに遅し。すでにおっさんの手はお尻に触れていた。そしてもっと最悪な出来事が・・・。

chikan
はじめまして。

はてさて、満員電車に乗るのが日課(乗らないと学校行けない・・・)な私は、毎日のように痴漢にあいます。
今回は、なかでも一番心に残っている事件のことについて載せようかとおもいます。

約一年前、私はいつものように満員電車に乗りました。

寝坊して、それでもメイクと髪の毛に時間を使っていた結果、あやうく乗り遅れてしまうところでした。
しかし乗ったのはいいものの、周りは汗臭い20〜40の会社員ばかり。

しかも、見渡す限り、男盛り(笑)。

当然のように、お尻に触れている手。
ところが、それだけではありませんでした。
片手はシャツのボタンを開けようとしています。

お尻のほうはもう、パンツにまで到達し、下げようとしています。
シャツのボタンは、段々あけられて、ブラジャーが丸見えになりました。

我慢していた声は、もうどうにでもなれ、と思った瞬間に「あぁ・・ん」と大きめな声を出してしまいました。

それに気づいた他の人たちは、エッチな目で見てきます。
それに気をとられていた瞬間、ブラジャーが取られ、起っている乳首が丸見え。
Dカップの胸を、前の人に見られてしまいました。

おまんこに指を入れられ、くちゅくちゅと、音がいやらしく響きました。
後ろからの攻撃は、他の人からも見られ、初めての大胆な痴漢に私はパニック状態。
どうにでもなれなんて、やっぱむりって思いました。

ついにはおちんちんを出そうとしていたようで、怖くなった私は、なんとか3こも早い駅で降りてしまいました。
しかしなんと、ブラジャーを痴漢にとられたままトイレに駆け込んでしまい、またもやパニック。

これからどうしようと思いましたが、放課後用の、校則では禁止されていたタンクを持ってきていて、それをきて学校に行きました。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする