【唖然】泥酔した先輩女子に誘惑されて部屋へ→中出ししてしまった結果・・・・・・・・・・・・・





【体験談】翌朝起きると・・・

会社の飲み会で泥酔した年上のアネさん的な先輩に帰りのタクシーで誘惑されて部屋へ行くことに。そのままの流れでセックス。気持ち良すぎて中田氏までしてしまう。しかし翌日目が覚めるとアネさんから衝撃の一言が・・・。

nakadashi-400x235

昨日部署の新年会だったよ。予算の関係で一次会のみ。

で、適当に二次会に流れたのだがあねさん的なアラサー女子が異様にハイテンション。
勝手にガンガン飲んで途中からうとうと。

で、お開きの時になりおれ的には三次会のオールでカラオケに行きたかったのだが運悪くあねさんと方向同じで送っていくことに。

タクシーの中であねさん、むくりと復活。なのはいいが超エロモード。
「おれくん、彼女いるの~?」
「今はいませんよ」
「じゃあ、たまってるよね~おねーさんが相手してあげよっか?」(おいおい)
「あねさん酔っ払ってますねー。」
「おれくんならあとくされなさそうだし~」(なぜ?)
なんていいながらおれのモノを擦り始めた。

「ちょ、ちょっと」
もちろんそんなことされたらモノはおっきしちまう。
「おれくん、結構いいモノ持ってるねー」(勘弁して下さい運ちゃんに丸聞こえ、ミラーでチラチラ見てます)
「おねーさん最近してないんだよねー」
このタクシーに乗ってる恥ずかしさに耐えられないのもあったが、結局あねさんのマンションに連れ込まれた。

ちなみにおれくんと呼ばれてるが俺は26、あねさんとはそう違わない。
あねさんは美人系、よく言えば江角をショートにした感じ?まあ、怖い系の美人って感じかな。

部屋に連れ込まれはしたがあねさんの本意がわからんので、とりあえずあねさんの様子を見る。
部屋はさっぱりしたあねさんらしく、きちんと整理されててすっきりした感じ。

リビングの入り口で突っ立ってると
「何してるの?早くしようよ」とキス

もうこうなれば後には引けないか、とこっちもあねさんの舌を吸いつつお互い立ったままお互いの服を脱がせ合う。
ちょっと映画みたいだな、と思ったりw
さすがにガーターなどは着けてなかったが黒の高級そうな下着だった。

お互い裸にしてそのままベッドになだれ込む。さすがに全裸は寒かったw
あねさんはすぐにフェラに入る。
風俗ほど上手くはないがフェラが好きって感じですごく丁寧な舐め。

「ああ、やっぱりおれくんのすごく大きいよ~」
「こんな大きいの初めて。入るかな?」なんてうれしいこといいながら舐めてくれてる。

こちらも攻めようかとも思ったが、なんか気持ちいいのでそのままの流れに任せる。
「もう欲しくなっちゃった。入れていい?」とこちらの返事も聞かすにおれの上に。

あねさんはおれのをあてがいゆっくり腰を沈める。
フェラするだけで十分すぎるほど濡れてるあねさんのはスムーズにおれの侵入を許した。

「ああ~っ大きい~っ!!」っと悲鳴みたいな声。
「硬いよ、すごいよ~っ!!」とガンガン腰を使い始めるあねさん。

しばらくすると
「ああ~っダメダメ、もうダメ~っ、逝っちゃう~っ!!」と案外ベタな感じでぐたっとなる。

こっちは結構もうちょっとってとこだったので構わず下から突き上げる。
「ダメ、ダメ、あうう…」って感じのあねさん。
しばらくするとこちらも出そうになったのでフル加速で突きあげ。

すると「ああ~っダメダメ、もうダメ~っ、逝っちゃう~っ!!」とほとんど同じ口調であねさん逝ったw
でこちらもフィニッシュ。おそろしいことに中出し。というかこちらも結構酔っててギリギリの理性働かず。

あねさんのセリフばかりですが、実際こんな感じ。一息ついたとこで
「二人だけの秘密だよ」と
それからもう一戦求められ、爆睡。

で、今朝になってちょっとびっくりした顔で
「ねえ、なんでおれくんがここにいるの?」ですと。
二人だけの秘密ってのはだれとなんじゃ!と思ったw

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする