【驚愕】ホテルのマッサージ嬢「特別マッサージありますけど?」→頼んだ結果・・・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】就職してまだ1年余りの投稿者。出張先ではいつも先輩に教えられたマッサージを頼んでいた。気持ちの良いマッサージにウトウトしてると優しく起こされ「特別マッサージありますが、どうします?」と尋ねられ・・・。

masa

新卒就職後1年余り、24歳の頃。
思い出しながら書いている。

担当地域への営業出張があり、何度か先輩・上司と訪れてしばし、1人で担当させてもらえるようになってからのことだ。
そのホテルは俺の常宿だった。

なぜ、決して要領の良くない俺が同期の中でも早いうちに、地域担当を単独で受け持てたのかといえば、その地方が俺の育った場所であり、そのぶん土地勘で長けていて、まあ地の利みたいなものが有効だったからだ。

俺はそこに、高校3年生の途中まで居た。
中2の時に両親と姉が交通事故で死んだので、叔父夫婦のところで、下宿生活みたいな5年ほどを過ごした。

高校を卒業して、大学を目指して浪人生活を送るのを境に、世話になった叔父夫婦の家を出て、俺は東京へ来た。
そして、今の会社に至る。

出張でそのホテルに宿泊する際には、俺はいつもマッサージを頼んだ。
最初は揉まれてもくすぐったいだけだったのだが、次第に、疲れやコリがほぐれる気持ちよさが病みつきになった。

「激務なんだからさ、会社にこき使われて給料も安くて、たまの出張の時のマッサージくらい、多めに見てくれっから、込み込みで宿泊費は会社に請求書で、って言っておけばいいよ」
と、先輩がそう耳打ちしてくれた。

それ以来、月に2度くらいの間隔で派遣される泊まり出張のあるごとに、俺はマッサージを受けて心地よい眠りについた。
請求書払いにすると、気持ちよくて途中で眠ってしまっても、そのまま起こされずに済むから楽だった。

その日も俺は60分コースを頼んだ。
30か40分くらいだろうか、俺はその日もうとうとと、眠りに入り始めていた。
横向きから始まりうつ伏せ、そして仰向けになって、俺は脚を揉んでもらっていた。

とんとん、とんとん、と俺は、腰の辺りを軽く叩かれた。
「延長されますか?」
「・・・・・・」
「特別マッサージありますけど、どうします?」
俺はいい感じで夢うつつ状態であり、よく覚えてはいないのだが、どうやらそこで了承の返事をしたらしい。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする