【露出プレイ】ウォーキングしながら妻をノーパンノーブラにしてみた結果・・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】妻とウォーキングを始めた投稿者男性。田舎の夜道は家が点々としていて危ない雰囲気がある。薄暗い中なんとなく欲情して、路上で妻にキスしたり胸を揉んだりする投稿者男性。エスカレートしてしまい・・・。

yagai-400x235

俺42歳、妻39歳の夫婦です。

最近妻がウォーキングを始めると言い出しました。

事務職と言う仕事柄、一日中座っている事が多い様で、運動不足解消だそうです。

「ねぇ!パパも一緒に歩こうよ」
「え~俺も歩くの?」
「いいじゃない!一人だと淋しいし薄暗いくなると怖いんだもん」

田舎の農村地帯だった我が家は辺りを田畑と山に囲まれ、近所も100m以上も離れた所に
ポツリポツリとあるだけです。

歩道も無い道で、外灯も所々に設置されているだけで、夜道を歩くのは危険です。

近くのゴルフ場に抜ける車一台程が通れる道があって、そこなら夜歩いても車が来る事も無く
安全だったので、妻はその道を歩く事にした様でした。

<初日>
夕方19時を過ぎた時間に妻と2人家を出ました。
ジャージ姿で、意気込む妻は薄暗い道を歩き始めました。

子供達の事や仕事場の話をしながら歩くと、辺りは暗闇に包まれ2人の声が響きます。

「どこまで行く?ゴルフ場まで片道2km位かなぁ?」
「ん~じゃ、今日は途中で折り返そう」

坂道を上り、ゴルフ場の本道へ出た所で折り返す事に…。
本道まで来ると、地元の街明かりが光々と夜空を照らし、夜景が綺麗でした。

「綺麗だね!案外夜景絶好の場所だったりして…」
「そうね」

何だか恋人気分で妻に軽いキスをすると、股間がムラムラ。
思わず妻の胸を揉み、陰部へ手を這わせると”もうパパったら…エッチなんだから”と言いながら
何となく湿っている様に感じた。

帰りの道で、手を繋いだり時々キスを求めて見たりと恋人気分を楽しんだ。

<2日目>
休日だった事もあり、夕食前の18時にウォーキング開始。
辺りは明るく昨日とは大分違う風景に感じた。

早い時間だった事や、ゴルフ場から帰宅する車が数台すれ違い、昨日の様なエッチな事は出来なかった。
それでも途中の林に妻を連れ込んで、軽いキスを求めると妻も期待していたのか?

「もう!今日も?車来ちゃうから早くしよう」
「何だか興奮するよね」
「パパ、チンチン大きくなってる」
「ママだって濡れてるんじゃないの?」
「濡れてないから…パパみたくエッチじゃないし」

濃厚キスをして林を出ると同時に車が通り過ぎ、変な目で見られた様に感じる。
こんな場所で、男女が林に居ればエッチな事想像するでしょうし・・・。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする