【奇跡】俺(19・DT)、隣のバツイチ子持ち人妻の巨乳をオカズにオナってたらある日・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者男性が19の時、大学に通いながらアパートを借りて生活していた。そのアパートの隣にバツイチで息子がいる巨乳人妻がいた。いつもその巨乳をネタにオナニーしていたのだが、ある日、彼女から相談があると言われ、関係が進展することになるのだが・・・。

kyonyuuduma

ちょっと長くなるけど書いてみようかな。

俺と嫁が初めて会ったのは、俺が19歳、嫁が29歳の頃。
嫁はバツイチの子持ち。

地元よりちょっと離れた大学に何とか入学する事ができたけど、仕送りを多く出来ない家庭だったから、バイトして家賃やら何やら払わなきゃいけなかった。

だから家賃2万円の格安のアパートに住むことになった。
家賃激安の時点でボロボロのアパートをイメージしてたけど、意外としっかりしてて、ちょっとホッとしたのを覚えてる。

んで隣人の人たちに挨拶まわりに行ったんだけど俺の部屋の隣の隣に住んでたのが今の嫁だった。

顔とスタイルがドストライクだったのでかなり興奮したw
性格は明るすぎる超ハイテンションでちょっと苦手意識を持ってた。
まあそんな直ぐに進展があるわけなく、最初の一年は挨拶程度の関係だったんだ。
俺も当時は大学とバイトの間を縫ってゲーセンで格ゲーやりまくってたし。
ただ大きい胸にいつも釘付けで、何回もオカズにしてたw

後々嫁に聞いてみると、胸への熱視線はどうやらバレバレだったらしいけど。

んで進展があったのが大学二年の12月頃だった。
確か夕方頃だったが、何やら相談したいことがあるとかで訪ねてきた。


当時彼女は某パン工場で準社員として働いてたんだが、年末の餅づくりで12月の半ばから大晦日の朝までの期間夜勤やらないといけなくなり、その間、夜だけ夕食は2人分用意するから当時6歳の息子の面倒見てくれないか頼まれた。

俺は夜10時までバイトがあるからと断ったが、息子と歳が近いのがそのアパートで俺だけだったのもあったらしく夜寝かせるだけでもいいからと拝み倒されてOKしてしまった。

実は、これを機に彼女と仲良くなれるかも、ていう下心もあったからだけども。

それで彼女の息子の面倒見たわけだが、思いのほかいい子で、夜一緒にゲームしたり、俺がバイト休みの日は夕食食いながらテレビ見たりしているうちに直ぐ仲良くなった。

でも彼女とはバイト休みの日の夕方ちょっと顔を合わして息子の話題でちょっと盛り上がったりした程度だった。

けれど息子が俺のこと気に入ってくれたのが幸いして、夜勤がなくなってからも大晦日のパーティーに招かれたり、息子が俺の部屋に遊びに来たりしてるうちに、彼女ともよく話すようになった。

大学三年になるくらいには、彼女の家で朝食や夕食をご馳走してくれるのが定番みたいになってた。

でもヘタレで童貞だった俺には彼女を誘ってあそびに行くのは出来ていなかった。

そんな状況で転機になったのはやはり息子だった。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする