【朗報】単身赴任のオヤジですが、巨根用パンツが隣のベランダに飛んでいってしまった結果・・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者男性はしがない単身赴任の会社員52歳。ただのメタボおじさんだが、巨根だけは自慢だった。そして投稿者の隣の奥さん(44)のGカップおっぱいが気になっていた。ある日、洗濯物を干していると、隣のベランダに投稿者のパンツが飛んでいってしまい、取らせてもらいにいくのだが・・・。

kyokon-400x235

私は単身赴任中の会社員です。もう年は52歳になります。

いわゆるその辺のおじさんで、服装もあまり気にしないし、体型も徐々にメタボに近づきつつあります。

ただ、自分で言うのもなんですが、唯一自慢できることがあります。
それは、ずばり「チンポ」のサイズです。

特に長さなんですが、勃起したらなんと20センチを超える長さです。

単身ながら、つまとうまくいっているのも、このおかげといっても過言ではありません。

なにせ、わたしのチンポが大きすぎて、ほかのチンポに浮気される心配ないのです。
(自分が思っているだけなのかもしれませんが、、)

ちなみに、隣の奥さんとのことなんですが、年齢は44歳のかすみさん。

子供さんは1人おられるのですが、大学生で、家から出ているので、だんなさんと2人暮らしです。
かすみさんは、年の割には、スタイル抜群で、おそらくGカップはあると思われるバストが僕の一番の気になるポイントです。

ある仕事休みの日のことなのですが、洗濯を干している最中に、私のショーツが隣のベランダに飛んでいってしまったのです。

私は、ためらいながらもお隣さんへ行きました。
もちろん、かすみさんが出てきました。

状況を説明し、ベランダに向かい、ショーツを取らせてもらいました。

かすみさんは不思議そうに見ていました。

「そんなちっちゃなショーツはかれるんですか?」
そう、私はわざと小さめのショーツを履き、チンポの大きさをより誇張させるようにしているのです。

もちろん、この状況でも、まだ勃起していないにせよ、普通からすると、かなり目立つ状況です。
どうも、わたしの下半身を確認したようなのです。

なぜか、お茶を入れてもらい、少し世間話をしましたが、私が単身のため、下世話な話へと進んでいきました。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする