【狂気】近親相姦もここまで突き抜けると清々しさすら感じるな・・・・・・・・・・・・





【体験談】家庭内で近親相姦の投稿者女性。兄と母はすでに初体験をしていた。投稿者女性も父に誘われて・・・

家庭内で最初に近親相姦関係になったのは、兄と母です。

兄が高校2年の時に母と初体験しています。

私は、その事を父から知らされ。「亜美はもう少し大きくなったら、パパとセックスするんだよ」と言われ、素直に嬉しいなぁと思っていました。
大人になったら誰もがする事だけど、好きな相手の方が良いし、父なら私が嫌がるような事はしないだろうと信じてました。

私の初体験は、中学2年の夏休みで、約束通りに父親が相手でした。
初潮は小6です。

その頃からゆっくりとセックスの方法を教わっていました。

週末になると父と寝ます。

父と一緒にお風呂に入ってから、寝室で愛撫に近い方法で全身をマッサージしてもらいます。
私は、まだ子供でしたけど、乳房や陰部を父親が口で弄ってもらうと、とても気持ち良かったです。

そのうち、軽くイクような感覚も覚えました。
それが病みつきになって、中学生になると自分から父に愛撫をおねだりしました。

初体験の当日は、まずベットで母と兄のセックスを見せてもらいました。
兄は「妹に見られると緊張する」と母にフェラされながら、ちょっと恥ずかしそうにしていました。

二人はゴムを使っておらず、兄の赤黒いペニスが母の膣の中にスルスルと入るのに驚きました。私のアソコは、比べるとかなり小さいので、実際にセックスできるのか不安な気持ちになりました。

母は陰毛を全てそっていたので、挿入される時に愛液がタラタラと流れ出すのも見えました。母は、私の倍くらい愛液が出ます。
私が普段知っている物静かな母の様子とはかなり違っていました。髪を振り乱してハアハアと激しく息をし、兄に腰を突かれるたびに口から涎をたらしてました。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする