【棚ボタ】高2の時、入院中にかわいいナースに体をふいてもらっていたら・・・・・・・・・・・





【体験談】高2の冬休みに持病で入院する投稿者男性。部活を休むことになりスタメンに入れないかもしれないので最初は不満だったのだが、入院生活が始まるとその気持ちは一変する・・・。

nurse

それは高校2年の冬休みでした。

僕はある生まれつきの病気(病気といっても生命に関わるほどでもないものでしたが…)のために手術をし2、3週間ほど入院しなければいけませんでした。

一年生なのに長期休暇の部活を丸々休むため今後スタメンに選ばれる確率が低くなるのが予想できたので、僕はとてもこの入院に対し不満でした。

2学期が終わりすぐに入院の手続きをし、1週間もしないうちに僕は入院初日を迎えていました。

入院は手術当日の前日に始まるのが通例らしく、手術自体に恐怖はなかったもののその急さに少し心配していました。
しかも、個人部屋ではないため「変なおっさんだったらやだなー」とか、「どうせ看護士さんもオバさんだろなー」と期待など微塵も持っていませんでした。

始まってみると年末年始のせいもあるのか入院患者がその時は少なく、4人部屋には同世代の佐々木君しかいなく、少しだけ緊張は解けていきました。

そしてびっくりしたのがここの科の看護士さんたち、半分は想像できるようなオバさんでしたが、何人も20代のお姉さんたちがおりどんどん僕のテンションが高まってきました。
到着するとすぐに看護士さんの一人が来て、
「今、担当の看護師が来るからちょっと待っててねー」と伝えにきました。

持ってきたものを整理していると、担当と思われる看護師さんが
「始めまして、担当の竹内です。マサキ君は入院初めてですよね?」
と少し慣れない様子で挨拶を始めました。

竹内さんはスタイル抜群ではないものの、トロンとした目とその声と新人らしいい仕草が絶妙に可愛らしく、会った拍子から女性としての目で見てしまいました。
その後入院のための質問や説明をしてもらい、手術の説明が始まりました。

「手術は明日の朝8時30分からなので、今日の夜8時から食事抜きで朝の6時からは水も飲んじゃいけません。あとこの手術着とT字体を着なきゃいけないんだけど、手術一時間前には着てるようにね。何かあったらナースコールか近くの看護士さんに伝えてね。」
そのようにさらさらと説明すると、忙しそうに部屋を出ていきました。

綺麗なお姉さんとのひと時を満喫しすぎた僕は、3割ほど説明が飛んでいました。
T字体とはなんだろうと疑問に思ったので、渡された服の中から探してみるとなんとふんどし型のガーゼでした。
これを着るのかあ、と思いながらもこれは使えるぞと、思春期真っ只中の高校生の僕はおバカな計画を持っていました。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする