【近親相姦】母子家庭の寂しさから母とSEXしたら衝撃の事実を聞かされた・・・・・・・・・・・・・





【体験談】母子家庭の投稿者男性。ほとんど母は家におらず、いつも寂しい思いをしていた。そんな彼も中学生になろうとしていた。制服を着て母に見せたところ、母は感激のあまり、泣きながら抱き付いてきてキスをしてくる。そこで投稿者は前からしたかったことを母にお願いしてみる・・・。

haha

うちは、物心ついた時から母子家庭でした。

僕と母だけです。

母は小柄で、やせていて、僕が小学6年生のころは、髪をツインテールにしていて、ちょっと少女じみていました。

学校から帰ってくるといつも母はいません。

7時過ぎになれば帰ってくるけど、それまでは、いないほうが多く、そういう時、僕は母の服の匂いを嗅いだりしていました。

日曜も友達と会うと言って、よくでかけていました。

そういう時、よく想像したのは、自分がまだ赤ん坊で、母のおっぱいを吸っていた頃の事です。

帰ってきて、母がまだいないとき、よく、母の服の匂いを嗅ぎながら、母のおっぱいを吸っていたころのことを思い出し、ずぼんをはいたままの腰を床にこすりつけました。

いよいよ小学校の卒業というある日曜、家にいた母は僕の中学の制服をあつらえ、着るようにいいました。

僕は制服を着て、母の前でモデルさんみたいにくるりと回って見せました。

すると、母がいきなり僕にだきつきました。
「どうしたの」
といっても、返事はありません。

ただ、ぎゅっと息がつまるほどに抱きしめるだけでした。

いい匂いがしました。

母は僕のほっぺたや、目や鼻や唇にめちゃくちゃにキスしました。

やがて、僕は母が泣いていることにきがつきました。

ここまで女手一つで育てることができてうれしいというのです。

僕も、母への感謝の気持ちはいつも感じています。

母をぐっと抱きしめ、小さいころよくやったように、母の唇にそっと自分の唇を重ねました。

僕たちはそのままずいぶん、長いことじっとしていました。

僕は、母が大好きだし、母に感謝していましたが、同時に、おちんちんが大きくなるのを感じました。

唇をはなしました。

こういう時だから、一つぐらいおねがいしてもいいだろうと思いました。

「おかあさん、おっぱい吸わせて」

母はちょっと変な顔をしましたが、服の前をあけ、ブラジャーをずらして、小さなおっぱいをだしました。

母のおっぱいは小さいのです。

僕は母のおっぱいをすいましたが、すったり加えたりしているうちに、母の乳首がだんだんかたくなってきました。

面白かったので、母のもう片方のおっぱいを指でいじってみました。

すると、うっと母がへんな声を出しました。見ると、母は目を閉じていて、うっとりした、とろんとした顔つきをしていて、唇がはんぶんあいてました。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする