友人宅で巨根を咥える友人嫁の不倫セックスを目撃してしまった結果・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者男性が友人の新築祝いに訪れたところ、友人の後輩が先客できていた。気にせず上がってくれと言われて一緒に飲むことになったのだが、その後輩の一人が巨根のヤリチン自慢を始め、その後、友人奥さんを交えてとんでもない展開に・・・。

kyokon

少し前のことですが、友人の伸一宅へ新築祝いで訪れたところ、伸一の後輩らが先にきており、玄関先で帰ろうとしたところ、伸一と奥さんに「気兼する方では無いので、ゆっくり上がって下さい」とのことで、部屋に上がりました。

伸一の奥さんは、6才年下。
小柄のショートカットで胸が大きな可愛い子です。

すでに友人を含む、3人は、お酒を飲んでおり賑やかに騒いでいました。

僕も、勧められて飲み始め、仕事の話や世間話をしていたのですが、だんだんと、Y談になってゆき伸一の後輩の一人が、最近デリヘルの娘に熱をあげている話をしていると、もう一人の後輩が

「僕、自慢では無いですが、お金でSEXしたことないんですけど」

と、言ってきました。

確かに彼、亮くんは、タレントの堂本光一似のいい男で、彼女が絶えたことは無い話でないかと思いましたら、
「僕つきあった彼女は最近居ません。営業で外回りに行くとそこで頂いてくる。金はかからないし良く行けば、営業できる」

と言い放ったのです。

伸一は大手自動車ディーラーに勤めておりお客の家にも伺う様です。

伸一も後輩も吃驚していた様ですが、その後の行動に唖然としました。

いきなり、ズボンを下ろし亮くんの息子を見せるのです。
黒く逞しい男性自信は、彼の顔には似合わないグロテスクなものでした。

大きさ太さと言ったら、裏ビデオなどで見る外人並みで、手で擦るとヘソは隠れ、彼の手では握れない太さです。

「これで、どんな娘でも虜ですよ!」

と亮くんが言ったところへ、伸一の奥さんがお酒を持って来て吃驚してお酒をこぼしてしまいました。

亮くんが
「すいません、どうです!大きいですか?」
と聞くと、顔を真っ赤にしてキッチンへ逃げてゆきました。

その後、3人で
「ほんとデカいよね!」
と言い出し、伸一が脱ぎ後輩と次々に脱いでゆきました。

 

その後、ズボンを履き下ネタで飲んでいたのですが、酔っぱらいその部屋で雑魚寝状態で寝てしまいました。

どの位経ったのでしょうか、声で目が覚めました。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする