【マジキチ】いい歳してオネショが治らない妹に相談された結果・・・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者の妹は17歳なのにいまだにオネショをしている。それでも本人は気にしていなかった。しかし妹に彼氏ができた。すると、お泊りができないと、オネショを治したいと言い出したのだが・・・。
onesho

妹はもう十七歳です。
見た目はマジで立派な女子高生です。

身体も発達しているし、多少幼いとこもあるけど、ちゃんとした女の子です。
そんな妹には家族内で極秘にされていることがあります。

おねしょをするんです・・・。
妹自身、それを恥ずかしいとも思ってなかったみたいですが、どうやら最近彼氏が出来たのに、そのせいでお泊まりが出来ないと悩み始めたらしいのです。

俺がただ唯一、部外者に妹のおねしょのことを相談したのは親友の正明(まさあき)だけでした。

正明に、「おねしょするのにお泊まりとかヤバイよな?」と聞いてみると、
「え? 別に?」
みたいな感じでした。

「別にって・・・お前、彼女がおねしょしてたら引くだろ?」
と聞いてみても「そうかな?人によるんじゃない?」程度。

世の中の他の男たちも女のおねしょに寛大なのだろうか・・・・。
俺だけ?
俺はイヤだ。

そんなわけで妹に切実に相談され、俺は
「ちょっといい案を考えるから一日くれ」と言いました。
で、いくつかの案を練りました。

翌日の夜、妹の部屋で戦略会議を開きました。

妹「なんかいいこと思いついた?」
俺「うーんとね、1、寝る前に水分を取らない」
妹「取らなくても出る」

俺「2、生理用品みたいなのを当てる。タンポンっての?あれをハメとくとか」
妹「処女だから怖い。生理用品は洩れた」

俺「処女・・・お前、処女なの!?」
妹「当たり前じゃん。機会なかったもん」
俺「・・・お、おぅ」

俺は更に頭を捻りましたが、駄目でした。
「翌朝、彼氏のせいにしちゃえばいいんじゃねwwww」
と俺が言うと、
「妹のために真剣に考えてくれない」
と泣き始めました。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする