【衝撃】出会い系のメールで下ネタばかり言ってくる女性に会ってみた結果・・・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者男性が大学に入ったころ、初めてパソコンを購入し、某大手出会い系サイトである女子大生とやり取りを開始した。彼女はメールの中でも平気で下ネタを言ってくるような女性だった。そしてついに会うことになったのだが・・・。

fera

コレは僕が大学1年生(19歳)の時に体験したことです。

大学生になって初めてのパソコンを購入し、ブラインドタッチ練習を兼ねてメールをやってみたいと思いました。
そして、ほんの軽い気持ちで某大手サイトのメル友募集掲示に載せた所、1通のメールが。

いたずらかと思いましたが、メールの差出人はミヤ(某国立大1年生)という子で
「地方から出てきたばかりで友達がいないからまずはメールからどうですか?」という普通の内容でした。

誰でも知ってるような大手掲示板経由だし変な人はいないだろうと判断した僕は、それから何通かメールのやり取りをし、ある日のメールで
「○○君は今付き合ってる人いる?」と聞かれ、
「今はいないよ、ミヤは?」と返しました。

すると、
「そうなんだー。私は東京に出てくる時に別れちゃったし、じゃーいつかお茶とか行きたいね」
という内容でした。

ちょうどその頃から、お互いプライベートなことまで話すようになり、普段の生活の話、恋の話、そしてメールだからこそ話せる下ネタ…と徐々に内容が濃くなっていきました。

彼女は下ネタが大好きのようで、自ら
「男の人ってフェラされるとやっぱ気持ちいいの?するの好きなんだけど嫌いな人もいるよね…」とか
「イク時どんな気分なの?」「恥ずかしながら、私イキやすいんだよね…」
などのメールを送ってきて、当時の僕はそのメールを見るだけで勃ってました…。

というのも、1人としか付き合ったことがなく、キスまでしか経験してなかった僕は、ミヤからの
「フェラの時…」「エッチの時…」「イきやすい…」
というメールを見ては勝手にエロいことをしているミヤを想像してオナニーしてしまうような日々が続いてました。

その後も何通かやり取りして
「経験数は別れた彼だけ(32歳のサラリーマン)、その人がかなりエロくて自分もエッチになってしまった、オナニーは毎日してしまう」
ということがわかり、ある日のメールでついに
「良ければ学校帰りにでも一度会いたい」と言われました。

いざ会うとなるとどうなんだろう…と迷いもありましたが、この頃僕の中では完全にエロ大学生という像ができあがっていて、一度見てみたいかも…という好奇心があったのも事実で、散々迷った挙句、
「じゃー金曜、学校の2限終わりに」という内容を送って会うことになりました。

そして当日…。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする