ホモ旅館を訪れたぼくに悦びを与えてくれた終わりのないズッコンバッコン掘り合う宴





はじめてホモ旅館に行って以降、病み付きになり、東京へ出張のたびにホモ旅館を宿泊先と決めていた。 そんなある日、薄暗い大部屋で男を待っていると、1人がオズオズとぼくの尻を撫でてきた。 「きたな!」と思いながら相手の愛撫に任 […]
↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする