「セックス嫌い」の彼女が俺の変態AVを持ち帰っていた→驚愕の展開に・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】変態AVを見た彼女は・・・

投稿者男性は40のバツイチ。最近一目惚れして付き合い始めた彼女(31)がいたのだが、最高の体つきとは裏腹に「セックス嫌い」ということが判明してしまう。がっかりするもやはり好きなので別れることもできず、デート前後にオナニーを繰り返す日々を送っていたのだが・・・。

shio

40歳、バツイチ男です。
つい最近、31歳の女性「エリコ」と交際し始めました。

エリコと出会った時は「こういう女と結婚したい!」と運命を感じ、出会ったその場で結婚前提でと告白しました。

最初は戸惑っていたエリコですが、可愛い笑顔で「お友達から」と言ってくれました。
その後は、デートを重ねていくうちにエリコも私のことを気に入ってくれて、やっと交際できるようになり、私もとても幸せでした。

が、エリコと交際してすぐ、彼女が「セックス嫌い」だと知りました。
正直、ショックで「セックス禁止なんて、体の相性が悪かった元嫁の方がマシ」とも思えてしまって。
あんなにエリコと結婚したかったのに、失礼ながら迷いが出てしまいました。

でも、エリコに会うと「もっと一緒にいたいな」と思うんですよ…。

「セックス嫌いでごめんなさい。他の人と付き合った方が」

そんなことを言うエリコに、私はつい
「俺ももう40だし、セックスなしでも大丈夫だよ」
なんて言っちゃって。

私の言葉に嬉しそうなエリコの顔を見ると、もう後には戻れません。セックスとさよならです。

エリコも罪悪感からか一度はセックスしてくれたものの、シャワーでしっかりと体を洗う、電気は消す、コンドーム装着したのを手で確認してもらった後、ローションで濡らして挿入。
できるだけ早めに終わらせる…という何これセックスでした(泣)

それからは、エリコとデートする前にオナニー、エリコとデート後にオナニーをヤリまくりました。
かなりセクシーな体をしているので、手をつないだりするだけで勃起が止まらないんですよ。
なので、これくらいしないと我慢できずに襲って嫌われてしまわないかと。

我慢し続けて半年くらい過ぎた頃でしょうか。
デートの帰りに突然、エリコが「もっと一緒にいたい」と言ってきたんです。
せっかくデート前にオナニーしてきたのに、勃起が!

「今日は、もっと一緒にいたいの。ダメ?」
「でも、我慢できなくなっちゃうかもしれない」
「…うん」

どういう意味の「うん」なの!?
とりあえず、ホテルがいいというのでラブホに入り、お互い気まずいままベッドに座りました。初体験同士みたいで余計ドキドキしてしまいましたよ。

「あ、あのね。見ちゃいけないとは思ったんだけど」
「え?」
「この前、家に連れてってくれた時、AVたくさん見つけちゃって…」
「え??」
「これ、返すね。」
「え???」

母親にAVが見つかってしまった時のような衝撃でした。
しかも、エリコが隠れて持って帰っていたAVは、よりによって痴女や露出狂の変態女たちが犯されまくって潮を吹くほどイきまくってるのに「ちんぽ、もっと欲しい!」と喘ぎまくるやつ。

(あー振られる。終わった。)

落ち込む私の横で、エリコはAVを私の手元に置き、すくっと立ち上がりました。
「ねぇ」という声に顔をあげると、な、なんと!そこにはスカートをめくったエリコの姿が!しかも、ノーパン!毛も少し処理しているようでした。

初恋の時の気持ちってやつでしょうか?
フル勃起するくらい嬉しい気持ちでいっぱいで、そのまま犯しまくりたい衝動にかられました。

「舐めても…いいよ」

顔を真っ赤にしながら、ボソッと言うエリコの表情。
痴女が今更純粋ぶっちゃったみたいな!もう我慢できず、エリコをベッドに押し倒すと、そのままマンコにしゃぶりつきました。

必死に我慢している様子のエリコの表情も、なんだかレイプしているみたいでいいとその時は思えました。
わざと音を立てて舐めまくった後、エリコを強く抱きしめ、ふっくらとした手のひらサイズのおっぱいを揉み、乳首に吸い付きながら、マンコにフル勃起チンコをペチペチ当てました。

「ご、ゴムだけはつけて欲しいな」

もちろん!生は結婚後の楽しみにとっておきます!
急いでゴムを装着しようとして、1個は勢いあまってどっかに飛ばしてしまいましたが、2個目は無事装着できました。

明るい部屋で見るエリコの体は、もうものすごくいやらしくて、服を脱がすのを忘れてそのまま挿入しました。
しっかりと濡れているし、恥ずかしいからなのかマンコがあったかいというより熱くて、チンコがトロけそうなくらい気持ちよくて。腰が止まりません。

しかもエリコは、あのAVでしっかり変態セックス学んできたようで、自分でおっぱいと乳首をいじりながら、「もっと」「こっちも舐めて」とか言ってくれたり、
「奥まで、あ、ちょっと痛っ。少し優しく…奥気持ち良い?もうちょっと優しくしてくれたら奥も…うんんっ」
なんてことまで!

あまりの興奮に我慢できず、一気にフィニッシュ!
下半身の力が抜けてビクビクしちゃうほど、たまらなかったです。
前回は嫌がっていたセックス後のハグもさせてくれ、エリコは耳元で「すごかった」とAVみたいなセリフを。

私のためにここまでしてくれるエリコに心底惚れました!
その後も、手マンを許してくれたり、フェラを頑張ってくれたりしてくれるエリコ。
現在、そんな彼女のために、最高のプロポーズを準備中です。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
頑張って我慢した甲斐がありましたね・・・。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする