雪の降る夜に意識のない泥酔女性を拾ってセックスしたことで始まった嘘で塗り固められた恋愛





この街は雪が降る。 そんな冬、俺は会社の三次会が終わり、深夜の二時に徒歩で帰る道すがら、彼女と出逢った。 雪の降る夜、彼女は雑居ビルの玄関で酔い潰れていた。 俺はそれを目にした時、何とも言いようのないドキドキ感に襲われた […]
↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする