【悲劇】高校の水泳部で、大嫌いな男子に負けて土下座→更に屈辱の仕打ちが・・・・・・・・・・





【体験談】取り返しのつかない黒歴史となるとは・・・

高校時代、水泳部の部長を勤めていた投稿者女性。その中にろくに練習もしない男子部員がいた。いつもふざけてばかりいる彼を投稿者は大嫌いだった。そして、大会前の早朝練習の時、なぜか早く来ていた彼と土下座をかけて勝負することになったのだが・・・。

dogeza-400x245

私は高校の頃、水泳部に所属していました。
小学校からずっと水泳一筋でなにより水泳が大好きでした。

そんなこともあって3年で私は水泳部の部長になりました。
水泳部はいつも男女一緒に活動していたのですが、男子部員の中にどうしても気に入らないヤツがいました。

そいつは裕太といっていつも練習はサボるし、部活に顔だしてもふざけているし、女子部員の更衣室を覗こうとしたこともありました。
とにかく私は裕太が嫌いでした。

そんなある日。
私は大会が近いので自主練習するためにかなり早くプールにいました。

私が準備していると裕太が現れました。

「練習しないくせに早いんだね。」私は嫌味っぽく言いました。

「俺は練習しなくても勝っちゃうからいいんだよ。」
その言葉にイラっとした私は「バカじゃないの。」

と返すと裕太が

「じゃぁ俺と勝負してみる?」
と言ってきました。

「私が勝ったら水泳部を辞めてくれるならいいわよ。」
そう半分冗談で言い返すと
「なら俺が勝ったら部長に土下座して謝罪してもらおうかな。」
と笑っていました。

その態度とニヤケ顔に腹が立った私はその条件を飲みました。
私は勝つ自信がありました。
確かに裕太はタイムが速いですが、練習もろくにしないようなヤツに負けるわけないと思っていました。

プールには2人しかいないく、審判がいないためルールは50mをクロールで泳いで先にプールサイドに上がったほうの勝ちと決めました。
そしてスタート。

折り返しの25mまではほぼ互角。
私はいけると思いました。
しかし、ウォーミングアップ不足で後半あまり伸びなかったのと、裕太の実力が思っていたよりも上だったため、私が50m泳ぎ終えプールサイドに上がろうとしたときには裕太はもうプールサイドから私を見下ろしてました。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする