【驚愕】高校時代にクラスの秀才女子が書いた小説を見てしまった→その内容がまさかの・・・・・・・・・





【体験談】投稿者男性が高校時代のクラスに頭がよくて大人しい女子がいた。他の女子に「根暗」などと陰口を言われたりしていたが、彼女の事が気になっていた。ある日彼女のノートが自分のカバンに紛れ込んでいた。中身をみると驚きの内容だった・・・

note

成人式のために地元に帰ったときに懐かしくなったので、彼女との馴れ初めを話そうと思う。

僕と彼女のアユちゃんは、付き合ってもう5年になる。

同じ高校に通っていたんだけど、アユちゃんはそのころ、なんていうか…よくいって文学少女、悪くいうと暗い感じの女の子だった。

授業はもちろん真面目に聞いていたし、先生にあてられたら、なんでもすらすらと答えていたのを覚えている。
休み時間はほとんど、教室で読書したりしていた。

僕はその頃サッカー部で、高校生のころってぶっちゃけ、運動部に入っているだけでちょっとモテたりするww
いつもいっしょにいるグループは男女混合で、そこそこかわいい女子もいたし、同じサッカー部の男子3人くらいいて、そいつらも爽やかなイケメンってかんじのやつだった。
今考えると、あの中で、僕が一番顔面偏差値が低かったかもしれない…。泣

アユちゃんのことを、同じグループの女子たちは「あの子根暗だよねww」とかいって馬鹿にしていた。

僕もその場では合わせていたけど、正直、勉強ができるのはすごいと思っていたし、ちゃらちゃらして恋愛脳のおまえらよりもずっとすごいだろwって思ってた。

ある夜、宿題をしようとノート類を出していたら、見覚えのないノートがあった。
女の子らしいキャラクターのもので、アユちゃんの名前が書いてあった。

僕の高校では、数学の授業をレベルで分けて行っている。
よくできる人たちは僕の教室を使っていて、僕はいつもその隣の教室へ移動していた。
おそらく、その数学の授業中に、アユちゃんが僕の机に座ることになっていたんだと思う。

翌日返すことにして、すこしだけ中を開いて見てみた。
きっと、びっしりと綺麗な字でかかれた数式とかが並んでいるんだろう…そう思ったら、並んでいるのは文字ばかり。

不思議に思って、ノートの表を確認してみても、教科名を書いていない。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする