部室で彼と初体験エッチをする際に校歌を歌って処女喪失の痛みに耐えた私





夏。テニス部の主将だった一つ上の彼が、部活を引退した日。 彼は、公子が欲しい、と言いました。私は、覚悟を決め、頷きました。 誰もいない薄暗く蒸し暑い部室。   彼は夏セーラの私をマットに寝かせ、覆いかぶさってき […]
↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする