【露出狂】新幹線で隣に座った男子大学生がチラチラと胸(Fカップ)を見てくるので・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】彼女のまさかの行動に彼は・・・

29歳の女性からの露出体験談。数年前の夏、帰省のために新幹線に乗った時のこと、隣の男子大学生風の男の子が、やたらと胸をチラチラを見てくる。確かに彼女の胸はFカップもある自慢の胸だった。そして露出癖のある彼女は男の子を挑発してみることに。だんだんとエスカレートする彼女の行動に彼は・・・。

roshutu

動画で見る場合はコチラ!※BGMが出ますのでご注意ください。

沙耶と言います。29歳、外資系の企業で経理をやっております。

数年前の夏、仕事が夏季休暇に入った私は、実家へ帰るため、新幹線に乗った時のことです。

帰省ラッシュの時期ということもあり車内は満席。
私の隣の座席には大学生風の若い男の子が座っていました。

新幹線が発車するとすぐ、男の子はヘッドホンをして音楽を聞き始めたのですが、これがかなりの音量でして、周囲に音漏れしていたんです。

私が丁寧に注意してあげると男の子はバツの悪そうな顔をしつつも素直に音量を下げてくれました。

それから30分ほど経った頃でしょうか。

その時は窓際の席に座っていたのですが、窓から差し込む日差しの暑さに耐えられなくなった私は、着ていたカーディガンを脱いでキャミソール1枚の姿になりました。

それからしばらくの間ボーっとしながら外の景色を眺めていたのですが、新幹線がトンネルに入った時、私はあることに気がつきました。

隣の男の子が私の胸を凝視する姿が窓に映っていたのです。

実は私、恥ずかしながらFカップの胸の持ち主で、夏場はこうやってよく男性の視線を集めてしまいがちでした。

実は元々露出好きだった私は、悪い気はしませんでしたが、あまりにも熱心に胸を見てくる彼に、ちょっとイジワルをしたくなったんですw

「ふぅ~、暑いわね…」

私はそう言いながら手をウチワみたいにパタパタとあおいで、おもむろにキャミソールの裾をチラっと捲っておヘソを露出させました。

すると男の子の視線は面白いぐらいスムーズに私のおヘソへと移動しました。
それからは、ずっとおヘソと胸を交互に凝視する男の子。

何が面白いってこの男の子、私が窓の反射越しにその様子を伺っていることに気付いてないんですw
ちょっとマヌケで可愛いな…なんて思った私はさらに大胆な行動に出ました。

「あ~んもう、ほんっと暑い…」

なんて言いながら、穿いていたデニムをアソコの毛が見えるかどうかギリギリのラインまでズリ下げたんです。

男の子はというともう顔が真っ赤っ赤で汗ダラダラ…w

 

そして調子に乗った私は、ついに越えてはいけない一線を越えてしまったんです。

私は自分の手をパンツの中に突っ込み、その場で激しく手淫しました。
そう、車内でオナニーを始めたのです。

「はぁっ…んっ…はぁぁんっ!」

私がわざとらしく声を出すと、男の子はビクッと体を震わせて一瞬こちらの方を見たあとすぐに目をそらしました。

さすがに気まずかったのか、それからはもうずっと私と反対側の方を向いていました。

 

ちなみに私はというと完全にスイッチが入ってしまい、ここが新幹線の中ということも忘れて無我夢中でオナニーにふけってしまいましたw

2回ほどイった頃、ふと隣の方を見てみるとやはり男の子は反対側の方をじっと見つめていました。

しかしここで私は気付いてしまったのです。
彼が股間に立派なテントを張っていることに…。

これを見てさらにムラムラしてしまった私は、新幹線が終点へ着いた時に彼に対してちょっとカマをかけてみたんです。

「ねぇキミ、このあと時間…ある?」

そう言いながらキャミソールの胸元をズリ下ろしておっぱいを露出させる私。

すると彼は目玉が飛び出しそうなぐらいギョッとしたあと、大急ぎで荷物を取り、一目散に新幹線から降りていったのでした…残念。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
逃げるんかいw
現実だったらそら怖いわな・・・。

※この記事は過去の人気記事からのピックアップです。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする