最強と名高いヤンキーの家でそいつの彼女と二人きりに→誘惑された結果・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者男性が高2の頃、ヤンキー高校と揉めたとき、仲裁を頼んだ最強ヤンキーの呼び声高いS君の家に行った。そこにはS君の彼女(C3)も居た。そして投稿者のバイクを気に入ったS君が彼女を置いてバイクを借りて出ていったのだが・・・。

kinpatu

それは高校2年のときの話。

仲間内の一人が、マンモスヤンキー校として悪名高いM工の奴ともめた。
仲裁を頼んで紹介されたのが、最強ヤンキーの呼び声高いS君。
別に番とかそういうのないけど、S君には多分誰も逆らえないってんで。

それでS君ちに行ったときに彼の彼女もいたわけ。
まだ中3だけどアイドルみたいにかわいいし、
ヤンキー特有の色っぽさ?さすがに最強ヤンキー、彼女も違うぜ…。と思った。
それが俺の筆卸しの相手だった。

会ってみるとS君はとってもいい奴で、仲裁こころよく引き受けてくれて仲良くなった。
んで俺が乗ってきたバイク(兄貴のだけど)をすごく気に入って、乗せてくれっていうんでOKした。

「1時間くらい乗せてな。」
といわれ、びびりも入ってた俺は
「いいよ、待ってるから」
と、S君の部屋で彼女と二人で待つはめになった。

さすがに最初気まずかったが、彼女の方から話しかけてきた。名前はRちゃん
R 「T高なん?頭いいんやね…。」
俺 「いや、すでに落ちこぼれやし…。」
R 「彼女とかおるん?」
俺 「おらん。恥ずかしいけど女と付き合ったことない…。」
R 「うそお?カッコいいのに…。じゃ童貞なん?」
いきなり。さすがヤンキー

俺 「どころか、キスもしたことないわ…。」
R 「ええ~?本当に~?あはははははは…。」
こんなにかわいいとよけい凹む。
顔を離すと俺の胸にしなだれて、笑った。

R 「ねえ…。ちょっとだけ触ってもええよ。胸。」
俺は答えられなかったが、おそるおそる胸に手を伸ばした。
もう言われるがままだった。

小さな体の割りに決して巨乳じゃないけど、
しっかりとしたふくらみにTシャツの上から掌をかぶせていった。

感触を楽しむとか言う余裕はなく、どう触ったらいいのかとかRを怒らせたくないとか、
そんなことばっかり考えてた。

Rはうつむき気味にまだ俺によりかかったままで、されるがままになってた。
声とかは出さないけど、息遣いのリズムが俺の手にあわせて時折乱れた。

R 「…。立っちゃった?」
すっと顔を上げて聞いたRの手が、俺の股間に伸びていた。
R 「あ~立ってるやん…。」
俺 「そらこんなことしてたら立つわ。」
R 「ねえ…。出させてあげよっか」
俺 「え…?」

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする