【裏切り】吹奏楽サークルで他大学と合同合宿→彼女が知らない男と練習中に消えるのを目撃しこっそり付けてみると・・・・・・・・





【体験談】大学の吹奏楽部のサークルに入っている投稿者男性。同じサークル内に自慢の彼女がいた。とても大事にしていて付き合って一年になるがキスまでしかしていなかった。しかしある日他大学と合同合宿する事になりそこで衝撃の場面に出くわすことになる・・・

genba

大学では吹奏楽のサークルに入っています。
同じサークルに入ってる彼女は、自慢の彼女だったりします。
まわりからうらやましがられるくらい可愛くて、スタイルも良くて、成績優秀で、どんなことにも一生懸命で、料理が上手くて。

僕のほうから本気で惚れてて、未だに手をつなぐだけで緊張してしまって、初めての彼女ということもあって、キスはしたもののどうやってエッチまで持っていくのか、正直わからずに付き合って一年になるのに、まだキスだけです。

まわりからは、「20歳超えてあんな可愛くてスタイルいい子と付き合っててやってないって、ほぼ拷問だろ」と言われますが、それでも本気で惚れてるのでキスだけでも満足でした。

毎年夏に近隣の大学と合同練習があります。
一週間くらい林間学校で使われる宿泊施設を借りて行う合同練習です。
僕も彼女も大学三年で、僕はサークルの副部長をやっているのでやることが多くて大変でした。

自分の楽器はもちろん、ちゃんと他の大学と親交を深めているのかも見て回る必要があって。
そして、彼女の担当楽器はアルトサックスでした。
アルトサックス同士、集まって練習しているところを見回ったときに、彼女以外はほぼ男で、ちょっと抵抗がありました。
夏だったので、薄着で、Tシャツ姿の彼女ははっきりスタイルのよさとか、胸の大きさがわかってしまう服でした。

心配になって、何度か見回ってました、そうしたら他の大学の男達が声掛けてて、
「玲菜ちゃん(彼女の名前)、リードってどれくらいの硬さ使ってる?」
リードはサックスの口に含む部分につける道具です。
硬さとかメーカーがいろいろあって、そういう情報交換をするのもこの合同練習の目的のひとつです。

「私は……3くらいがちょうどいいかな」
「そんな薄いんだ? ちょい玲菜ちゃんの試させてくれない?」
「ん……えっと……」
彼女は困ったように苦笑いしてました。

リードは葦という植物で作ったもので、使用してるうちに口につけるものですから、唾液で濡れてしまいます。
男同士、女同士であればそういうやり取りもしなくもないのですが、他の大学の女の子相手にすることじゃありません。
とめようかどうか、迷いました。
ちょっと離れたところから見ていたので、僕には気付いてません。

断るのも申し訳ないって思ったんでしょう、僕が迷ってる間に、自分のサックスからリードを取り外して、軽くタオルで拭いただけのリードを渡していました。

「じゃあ、使った後ので悪いけど……はい」
「ありがと、じゃあ試すね」
多分、長時間練習していたから、拭いたとは言っても、リードには玲菜の唾で濡れてると思います。

間接キス、しかも自分の目の前で。
かなりムカムカしましたが、我慢することにしました。
その後、何度か見回ると、他の大学の男と玲菜は楽しそうにしゃべったり練習したりしてて、嫉妬しました。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする