行きつけのバーでよく会うエロい体した女に一万円貸した結果・・・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者男性が通ってたバーにいた色っぽい女性。ノリがよく、投稿者ともよく話すことがあった。ある日、その女に馴れ馴れしく金を貸してほしいと頼まれ、下心もあった投稿者は1万円貸した。しかしなかなか返してくれず諦めかけていた時、冗談で「体で払ってもらうか~」と言ってみたら・・・。

1man

漏れが払ってもらった体験だけど….
バーによく来るハデ目でちょっと色っぽいオンナ。
いろんなオヤジ、小僧、オンナ友達と来る。
ノリがいいから漏れともよく話すことがあった。

ある日、店に行くとそのオンナが後輩っぽい娘を2人連れてきてた。
漏れはカウンターに座ってたが「オーッス」ってカンジで馴れ馴れしく話し掛けてくた。
しかしその次の台詞がすごい。

「実はさ~、あの子達にオゴる約束したんだけど、1件目のイタリアンで
使いきっちゃって、財布カラなの。悪いんだけどぉ貸してくんないかなァ。」

そのオンナは今まで話しててもカタい所はあるというか
ぶっちゃけちょっとイイ女と思ってたこともあって貸せばまた会って
話できるかなと思ったので貸すことに。たまたま金も持ってたから。

トイレから出てきた女に万札を一枚渡す。
「ありがと。」
漏れには最後にハートマークがあったように聞こえたが…..

女のスペック書いとく。
タレントでいうなら乾貴美子をフツーにした感じ。スタイルはフツーだが、胸はそこそこ。
何より、いつも短いスカートで底から伸びてる足が程よく肉があってたまらんカンジ。

翌週の金曜日、会えるかと思って店に行くことにした。
ただ、あんまり早くから居て、いかにも待ってました、と見られるのも
カッコ悪いと思い待ちきれない時間を漫喫で潰したりして。

店が混んで来る午後11時を過ぎた頃に行った。
店に入ると、珍しくオンナは一人でカウンターに居た。
漏れの顔を見て一言「待ってたぞー」と。

隣りに座るとすぐにオンナが話す。
「この前はありがと。で、借りたお金の事なんだけど…..」
いつもは歯切れが良いヤツが今日はハッキリしない。
「ちょっと返すの先でもいい?」
金銭的には困ってなかったし、なんかいいとこ見せようと見得を張って
「あ、じゃまた今度でいいよ」と漏れ。

なんかめんど臭くなってスマソ。端折って書くわ。
で、その後もその女になんだかんだで一杯奢ったりしたが
まあ普通の飲み屋でのおごる奢られるの範囲内での事で
漏れは気にしてなかった。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする