厨房の時、父の同僚の奥さんのおっぱい目当てで家に通い続けた結果・・・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者男性が中学時代、社宅に住んでいた父の同僚の奥さんのおっぱいが気になって仕方がなかった。家族ぐるみで仲良くしていたので、週末はいつも遊びに行くように。そして夏休み、ついに邪魔な旦那が居ない平日に遊びに行った時のこと・・・。

chakkyo

僕は20歳の学生ですがかなりのおっぱいフェチです。
その要因となったのが親父が勤めている会社の部下の奥さんでした。

それは僕が中学1年でまだ父の社宅のマンションに住んでいた時、同じフロアに父の部署にいた部下の人も越してきました。

そしてその人の奥さんがとっても素晴らしい美乳の持ち主でスタイルも良かった(身長は当時の僕より少し低かったかな)のです。

夏の薄着の時なんてその身体のラインがよく目立ちます。
旦那が父と同じ部署ですから当然親しく、家族ぐるみの付き合いをしていたので僕も奥さん(以後、奈津子(仮)さん)とは結構仲良くしてました(奈津子さんは僕のことをテツ君(本名)と呼んでます)。

当時、オナニーを覚えてから間も無い時期でしたので、性欲旺盛で奈津子さんがウチに遊びに来て母と話している時には2人の目を盗んでは奈津子さんの形の良いおっぱいを食い入るように凝視して鑑賞してました。

やはりまだ子供だったのか下半身にはあまり興味が無く、性の対象はあくまで女性のおっぱいだった。
それも大人の成熟した乳房。

奈津子さんは現在35歳ですからその時は27歳で、すでに完成しきった大人のおっぱいでした(それも
見事な美乳)。

もちろんオナニーのおかずはいつも奈津子さんのそれでした。

「ああ、奈津子さんのおっぱいを揉みたい、吸いたい・・・」という願望が僕の中でどんどん大きくなり、次第にそれが固執してきてしまって今のおっぱいフェチを形作っっていったのだろう。

しかし、決定的なものとなったのはその願望が達成し満たされたことです。

奈津子さんを性欲の対象として悶々として1年たって僕が中2の時、奈津子さんの家にプレステがやってきました。

「一緒に遊ぼう」と言うので、平日は部活があったから週末の休みになるとゲームやりたさと奈津子さん見たさで遊びに行きました。

週末は会社も休みだから旦那さんも一緒だったのでいつも鬱陶しかった。
そして学校が夏休みに入ったある日、「今日は邪魔な奴はいないぞ」と思いながらアポ無しで昼過ぎにゲームをやりに奈津子さんのウチに行った。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする