人生初ソープで出会った新人の子に中出ししまくった結果・・・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者男性は190cmのデブ28歳。競馬で大勝したので初めての風俗に行くことに。パネルを出されたが悩んでいると、入りたての新人がいると言う。その子を指名すると、めちゃくちゃカワイイ。しかも驚いたことに人生で1回しかエッチをしたことがないと言う・・・。

nakadashi

とある日曜日、競馬で大勝をしたので、生まれて始めてソープランドというものに行ってみた。
おれは童貞ではないが、どちらかと言うと残念な見た目なのでここ最近は全然セックスをしていない28歳。
初めての風俗と久しぶりのセックスなのでドキドキわくわくしながら、店(60分2万円の大衆店)に到着。

俺以外に客はいなく、中に通されてすぐにパネルを数枚わたされた。
どの姫もいまいち決め手に欠けていたのでどうしようかと迷っていたらボーイさんが、
「パネルはないのですが、今入店したばかりのかわいい女の子がいますが、いかがなさいますか?」
というのでその子を指名。

すぐに呼ばれて姫と対面するのだが、見た瞬間に衝撃が走った。
すごく可愛い・・・TBSの小林麻耶な感じだ。

その子はなぜか私服でAVやエロ本の知識だと、ドレスや下着のような格好で案内じゃないのか?と疑問だったがすごくおどおどした感じで手をつないで部屋まで案内された。

部屋に入った瞬間、我慢できずに後ろから抱きつき耳をパクッとくわえると「ひゃっ」と驚いた声を出す。
そのまま耳から首筋まで舐めると「ふぅぁ・・・ぁ・・・」とあえぎ声ともため息ともつかない声。
麻耶は俺を振りほどこうとするも、190cm近くあって、無駄にピザな俺を女の子が振りほどけるはずもなく、
耳を舐めながら
「耳かんじるの?」
と聞くと
「二回目だからわかんない・・・・」
「ん?俺が二人目のお客ってこと?」
「うんん、これが二回目のエッチなんです・・・」
ほぼ処女(しかも美少女)キタ━(゚∀゚)━!
ということでテンション超アップ。

すぐに麻耶にフロントに連絡させ、ラストまで延長することを伝える。
その間におれは服を脱ぐ。
今、面接にやってきてそのまま体験入店と言うことで講習も無く俺についたみたいだ。

「それで私服なのか」と妙に納得してそのまま麻耶の私服を脱がせながら攻めてみます。
一枚脱がせるごとに現れた肌を嘗め回し、触るか触らないかで撫で回す。
麻耶は大きい声は出さないのですが、触れるたびに可愛い吐息で応えてくれます。

まっピンクの乳首を吸うと少し大きい声で「はあぁぁ・・んん・・」
そして下をさわるとパンツがビッショリです。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする