厨1の時、隣の女の子の部屋を覗いていると衝撃の光景が・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者男性が中1の時、自室の小窓が隣の家に住む一つ年上の女の子の部屋と隣り合っていた。ある日、父親と弟と部屋で遊んでいるとその小窓から風呂上がりの彼女の姿が。翌日、電気を消して小窓を少し開けて待っていると・・・。

nozoki

今は、もう時効の話です。人には言えないけど、誰かに聞いて欲しい気もあるので。

中学一年から高校一年までの約四年間、隣家に面した僕の部屋の小窓を少し開け、
幼馴染みで一歳上のYちゃんの部屋をほぼ毎日覗いていました。
そしてYちゃんの裸を見ながら、僕は回数を数え切れないほどオナニーしました。

そもそも覗きに使っていた僕の部屋の小窓は、開けておくとYちゃんと互いの
部屋の中が丸見えになってしまうので、こちら側は開ける事がありませんでした。
隣家に面していない方角に、大きな窓もありますので。

覗きのきっかけは、暑い日の夕方でした。
父と弟と一緒に僕の部屋でテレビゲームをして遊んでいた時、暑いのを理由に父が小窓を開けたのです。僕としては、親と遊んでいる部屋の中が隣家に丸見えになってしまう状況が気恥ずかしく、
出来る事なら小窓を閉めたかったのですが、変に意識をしていると思われたくないので黙って我慢しました。
しかし気にはなり、父に気付かれないように小窓を意識しながら遊んでいたのです。

小窓を開けてから何十分か後に人影のような動きを感じ、さり気なく横目で見ると、
こちらの様子を伺うようにしているYちゃんの顔を確認しました。
いつも閉まっている窓が開いていたのと、こちらが騒がしくしていたので気になったのでしょう。

隠れるかのようにYちゃんは直ぐに僕の視界から消えましたが、上の方だけ少し見えた
上半身にはバスタオルが巻かれていました。
これによって僕は、Yちゃんが風呂上がりにバスタオル姿で部屋に戻るということを知ったのです。
風呂上りでも、絶対に脱衣場で服を着て部屋に戻る僕にとっては意外な発見でした。

バスタオルを巻いた状態で部屋に戻るなら、服を着る際に裸が見られるかもしれないと思ったらドキドキしました。
女の裸を見たいという欲求が、まだ射精を知らない僕の中に初めて湧き上がった瞬間です。

まずは、僕とYちゃんの関係などについて。
僕は幼稚園の年長の時にYちゃんの家の隣に引っ越して来ました。
その当時から小学校の低学年の頃まで、僕と彼女は近所の子たちも合わせてよく一緒に遊んでいましたが、
小学校の高学年になると子供ながらに男女としての意識が芽生えたのか、全く遊ばなくなりました。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする