厨1の時、姉と一緒に「脱パンツ健康法」でノーパンで寝た結果・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者は厨1の時に当時ラジオで言っていたパンツをはかずに寝る「脱パンツ健康法」を姉と一緒にやってみることに。しかし性に目覚め始めた投稿者は姉と一緒にノーパンで寝ることに興奮してしまい・・・。

私は北海道出身30代♂です。
90年代の話ですが地元のHBCラジオで
「パンツ脱いで寝よう」 というキャンペーンをやっていました。
確か歌まであったような気がします。

この脱パンツ健康法は、裸に近い格好で寝ることにより
冷え性・肩こり・アレルギー・便秘症などが改善され健康になれるというものです。

当時、私は中1で、2才年上の姉がいました。
姉は安倍なつみ系の可愛らしい美人です。
甘えん坊の私は時々、姉の布団にもぐり込んでいっしょに寝ていました。

我が家は両親ともラジオが好きでリビングでもよくHBCラジオがかかってました。
ある日学校から帰宅して姉とおやつを食べていると
この 「脱パンツ健康法」 が流れてきました。

私は健康そのものでしたが、姉は冷え性で手足が冷たくて眠れないことがあったようです。
いっしょに寝てる時も姉が冷たい足を押し当ててきました。

姉:「ねえ、これホントかな。」
私:「何?」
姉:「パンツ脱いで寝ると健康になれるってやつさ。」
私:「試してみたらいいべさ。」
というわけでその日の夜にふたりで試してみることにしました。

例によって姉の布団にもぐり込んだ私。
姉:「ねえ隆、アレやってみる?」
私:「何?」
姉:「脱パンツ。」
私:「パジャマはどうすんのさ。」
姉:「どうしよう。でもはいてたら意味ないよね。」

というわけでいきなり全裸で寝るのも抵抗があるので
パジャマの下とパンツだけ脱ぐことにしました。

姉:「じゃあ、せえのーで脱ぐよ。」
私:「うん。」
ふたりで下を脱ぎました。何と言うか不思議な感覚です。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする