大人に憧れていたJKの頃に大人からされた集団レイプという屈辱





16歳、高校一年の時、私は大人に憧れた。 自立、責任、そして自由… 自分に無い全てのものを備えているのが大人だと思った。 なので、バイト先の26歳のやり手の店長は、とても眩しい存在だった。   「貴美子ちゃん、 […]
↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする