放送部の美人先輩にDTを奪ってほしくて部室で襲ってみたら予想外の結果だった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者男性は学校でも評判の放送部の美人先輩の事がずっと好きだった。そして自分の童貞を奪ってくれないだろうかと妄想するようになる。ある日、部室で二人きりというチャンスが訪れた。我慢できず。彼女を襲う投稿者だったが・・・・。

on_air

高校の1年の時、3年の先輩マリさんは、学校でも評判の美人で、マリさんの放送当番の日は、学校中のみんなが聞いているというような、学校のアイドルだった。

僕もマリさんが好きだったが、不埒にもマリさんに童貞を奪ってもらいたいと考えるようになってしまった。

もうそろそろ3年も部活引退というある日、テストも近くみんな早く帰り、部室にマリ先輩と二人だけだった。

俺に背中を向けて早口言葉を練習しているマリさんの、長い髪と耳たぶにかかるほつれ毛にたまらなくなって、とうとう後先も考えず後ろから抱きついてしまった。

「あっ!」と驚いたマリさんだが、なぜか強硬には拒否しなかった。

「先輩、好きです!」俺はそういうと後ろからマリさんの胸を揉んだ。
「あ、ゆうじ君、だめ。」
マリさんはそういったが、払い除けはしなかった。

俺は調子に乗って後ろからマリさんのうなじに唇をつけた。
「だめってば。」
マリさんはそういいながらも、押し退けたりはしなかった。

そのまま胸を揉みながら、うなじへの愛撫を続けたら、先輩も首を後ろに回し、キスに応じて来た。

先輩が拒絶しないので、思わぬ展開にびっくりしながらも、俺は胸に回していたうちの片手を下におろし、
スカートの中からマリさんのパンティーのあの部分をさすった。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする