【エロハプニング】突然バス停に現れた野犬が隣にいた女子大生を襲いだしたのに遭遇した結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者が高校生の頃、バス停でバスを待っていた。すると突然、大きな犬が現れた。この犬がとんでもないエロ犬で、横にいた女子大生二人を襲い始める。まずはミニスカートをはいた女子大生の股間を狙いはじめる・・・・。

inu

これは、僕が高校生のときの実話です。

高校が休みの土曜日、バス停でバスを待ってたときだった。バスを待ってると、飼い主のいない放れた犬が僕の横にぬっと現れた。

黒い垂れ耳の犬だった。
この犬が、ものすごいドスケベ犬だった。

僕の前に女子大生と思われる(彼女らの会話から推測)女の子二人がいた。

一人は小柄で黒のミニスカ、もう一人は少し背が高く濃い緑のホットパンツ(短パン)だった。
これ以降は、黒のミニスカの女の子をA、もう一人の子をBとして呼びます。

その犬は、Aに後ろから近づくや……スカートに顔を突っ込み、スカートをめくった。
「ひゃああっ」
Aがビックリした。
後ろの僕からは、スカートがめくれた彼女のパンツが見えた。
灰色の綿生地っぽいパンツだった。

Aは「や〜っ」とか言いながら、笑いながら犬の頭をペシペシ叩いている。
横のBは笑っている。

僕は後ろからチラチラ見えたAのパンツをじっくり見た。
犬は鼻を、女の子のパンツの上から、お尻の割れ目や股間あたりに、ぴったり押し付けている。

太ももも、もろに見えた。プリプリでエロすぎる。

すると、「やだ、この子…なめてる〜」とAが言った。
よく見ると、犬がAの尻をパンツの上からペロペロなめているのを確認できた。

Aが頑張って犬の頭を押さえて払い除けようとし、Bも追い払おうと手伝うが、犬はAの尻に顔を押し付けていて離れない。

犬はAの尻をパンツの上からなめる。
特に割り目の辺りや股間近くをペロペロしている。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする