年増女に性の手ほどきを受ける郷里の風習





僕は帰省した、しかし両親は既に他界し実家も処分し帰るところはない。 僕が泊まったのは和子という熟年女性の家だ。 ご主人を早くに亡くし還暦を迎えるまで独身を通し、時々都会に住む僕のアパートを訪れ掃除など、38歳になるまで今 […]
↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする