【愕然】彼女にサプライズ夜這いしに行ったら衝撃の現場に出くわす羽目に・・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者男性が大学生の時の話。当時、深夜バイトをしていた投稿者はバイト上がりの明け方、彼女の部屋に行き、寝ている彼女を夜這いするのにはまっていた。しかし、ある日、いつもと違うシフトで入ったバイトの帰りにサプライズで夜這いに。しかしそこで投稿者は衝撃の出来事に遭遇するのだった・・・。

ntr

俺が大学生だったころ、ゆきという娘と付き合っていた。
サークルで知り合って大学生にありがちなコンパで酔った勢いで付き合ったパターンだった。

ものすごい好きだというわけではなく、でもなんとなく愛着のある彼女で他のサークルのメンバーと話しているとやきもちを焼いてしまうこともあった。

見た目はちょっと永作○美を色っぽくしたような感じで、笑うと細くなる目と、白くてきれいな足が好きだった。

俺はちょっと変態で彼女が寝てしまったあと服をまさぐって、かってに愛撫し始めるのが大好きだった。
「やめて〜」という甘い声に萌え、黙々と身体を触りまくっていると、眠そうな彼女の息がだんだん荒くなってくるのが、最高に好きだった。

そのころ俺は深夜のコンビニでバイトをしていた。

彼女のアパートの合鍵を持っていた俺は深夜のバイトが終わる明け方5時ごろ彼女の家にこっそり侵入しては寝込みを襲うことに激しい興奮を感じていた。

俺自身眠くて体力も限界だったが、彼女のちょっとはだけたパジャマなどに疲れも忘れて息子を硬くしていた。

何であの頃あんなに猿みたいにHばかりしていたのか、 自分でもいまいち疑問だが。

彼女も少しMっ気があり、俺がいじり始めても最初は「眠いから〜」とか言ってるが「本当にやめていいんだな」 と俺が言うと「やめちゃやだ〜」とか言って来ることが多かった。

俺は結構彼女も喜んで俺に寝込みを襲われていると真剣に思っていた。

なので、「俺、明日バイトなんだ」というのが自然と 「明日夜来るからHしようぜ」みたいな合図になり、 彼女も玄関の鍵を開けておいてくれたり、ちょっと期待している風なそぶりを見せていた。

俺はますます、彼女が俺に寝込みをおそわれることを期待していると信じて疑わなかった。

深夜のコンビニのバイトにはサークルの仲間がよく買い物にきていたが、俺がサークルの中で一番仲がよかった、Sもよく遊びに来ていた。

Sは男からみるといい奴なんだが、女にはあまりもてなかった。
下ネタが得意で面白い奴だった。

俺がバイトがある日は大抵火曜日と金曜日だったので、Sもそれに合わせて弁当をもらいにきたりしていた。

ちょうど今ごろ大学生のバイトは帰省ラッシュに入り、バイトを休みたい奴が出てきて俺にバイトを代わってくれないかといってきた奴がいた。
俺は夏休みで金も必要だったので代わってやった。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする