友人に頼まれて苦手なギャルとのカラオケに行ったらまさかの展開に・・・・・・・・・・・・





【体験談】投稿者は調理師の専門学生。投稿者と同じ班の女の子を気に入ってる同級生に頼まれて仲を取り持つことに。しかし相手は苦手なギャル。話を切り出すこともできずにボーっとしてたら包丁で手を切ってしまう。するとその子が保健室へ連れて行ってくれるのだが・・・。

gal

高校を卒業してこれといってやりたい事もなく、かといって大学に進む事も考えていなかった僕は調理師免許でも取ろうと思い調理系の専門学校に入った。

入学して一週間もするとクラスに自然とグループが出来てくる、やる気マンマンの真面目集団、やる気0のギャル上がり集団、おなじくやる気なしのヤンキー上がり、不思議にオタクに普通、クラスという狭い空間の中様々なグループが出来上がっていった。

誰にでも当たり障りなく関われる性格なのでどのグループでも行き来できたが僕は中途半端な集団が落ち着くのでそこに身を置いた。

毎日のようにツレの男二人が僕のアパートに学校帰りに寄っていきバカ騒ぎしていた。
「 なぁハル?オマエの班の女可愛くない?俺ちょータイプなんだけど」
「 ハァ?どっちの娘よ? 」
実習の班は男二人女二人の四人で区切られている。

「 バカ!、ナオに決ってんべ!もう一人はその…アレだ…ヤバイべ…」
後々判った事だがヒロは一目惚れしやすい性格らしい。
「 ハル、オマエなんか喋ったりしないのかよ?」
「 いや、別に普通の会話くらいなら…」

こいつらにはまだ話してないが実は僕にはまだ女性経験はない。
高校も男子高だったせいもあるが女性との接点がほぼ皆無だったわけだ。

「おまえよーせっかくナオの近くに居るんだからちょっと協力してくれないか?」
「何をよ?」
嫌な予感がした。

「明日でもよ学校終わったらどっか遊びに行こうとかさぁ何でも良いからきっかけ作ってくれよ」
「まぢかよ!何で俺が誘うのよ?理由がねぇべ」
ナオは顔もかわいいしスタイルもいい。
がしかし、僕が苦手なギャル系なのだ、田舎から出てきた僕には格好も話し方も振る舞いもすべて僕の理解を越えていた。

「とりあえず頼むわ、なっ!んじゃ俺そろそろバイト行くわ、じゃあな!」
「おい!おまぇっ!ちょっまてって!…」
慌ただしくヒロは部屋を後にした。

「はぁ…どうしたらいいべ?」
「まぁいつものように気楽でいいんじゃないの、適当にさぁ。」
タカの府抜けた声に脱力した、一ヶ月近くコイツとは一緒にいるが家に寄らない日はいつも女と居る、それもいつも違う女とだ。

確にいつもクラスの娘とは適当には話すが誘うとなると話は別だ、僕は明日の事を考えると憂鬱になってきた。

↓↓↓続きを表示↓↓↓



 記事をシェアする